パックス アメリカーナ。 パクス・アメリカーナ

多極化に向かう世界~パクス・アメリカーナの行方~:研究員の眼

パックス アメリカーナ

定義 [ ] 始まった時期については、以下の3説が一般的である [ ]。 第一次世界大戦終結(1918年) [ ] 終結後から第二次世界大戦までの間は、アメリカ合衆国以外にもイギリスやフランスなどが莫大な植民地を持っており、3つ以上の植民地帝国がしのぎを削る であった。 第二次世界大戦終結(1945年) [ ] 終結後の時代においては、アメリカ合衆国とソ連の2国が覇権を握る の下で「平和」な状況が継続したものであり、これを「 パクス・ルッソ=アメリカーナ( Pax Russo-Americana ロシアとアメリカの平和 なお、同時期の東側諸国における戦争のない状態を『 ()(ソヴィエトの平和)』とも称する)」と称することもある。 しかし、この時期の「平和」の本質は、にあったため「 原子の平和( Pax Atomica パクス・アトミカ) 」又は「 核の平和( Pax Nuclei パクス・ヌクレイ又は Pax Nuclearis パクス・ヌクレアリス)」とも称される。 湾岸戦争勝利・ソビエト連邦崩壊(1991年) [ ] アメリカ合衆国がで勝利を収め(1991年2月)、ソビエト連邦が崩壊した(同年12月)後は、基本的にアメリカ合衆国1国のみの主導による「平和」である。 これは「アメリカ 」と呼ばれる。 第一次世界大戦後 [ ] 前のアメリカは世界最大の工業国であると同時に世界有数の債務国でもあった。 しかし大戦中に協商国に借款を提供したため、大戦後のアメリカは世界最大の債権国に転じ、がと並ぶになった。 また、文化面では巨大な生産力を背景に・に基づくを生み出し、・・に代表される、と呼ばれる新しい文化が誕生。 アメリカ発の大衆文化は1930年代にはいりやにも定着した。 国際政治に関しては、を唱えるが1920年代の大統領選挙に連勝して、・・と共和党の大統領が続き、アメリカは外への政治関与には消極的であった。 よって国際政治面では経済面や文化面と異なり世界の中心的存在にならなかった。 冷戦時代 [ ] 「パクス・アメリカーナ」とは、を盟主とする社会主義圏()に対抗する自由主義圏()の盟主として、アメリカ合衆国が(NATO)やなどを通して西側世界のを引き受け、「の傘」で資本主義諸国と西側世界を保護するとともに、などによって西欧諸国の、などによって日本・琉球・台湾の復興を支え、「の傘」のなかでを編成する体制であったと概括することができる [ ]。 ただし、より正確に世界経済システムとしての性質を考慮すると、ドルの傘(ドル体制)、すなわち世界一の金保有量を誇ったアメリカ合衆国の「」の側面と、・体制(「」)という側面の2つにまとめることができる [ ]。 後者は、「自由・無差別・多角主義」をスローガンとし、各国間の貿易や金融取引における障害を撤廃し、相互に自由平等な立場で競争をおこなうことによって、世界貿易の拡大、の開発、国内のを実現しようというものであった。 冷戦終結後 [ ] が終結すると、ヨーロッパにおける旧共産圏の諸国を含める形で「アメリカによる平和」は広がった。 しかし、その後もなお世界各地(主に、、、)においてやは絶えてはいない。 例えば、アフリカにおいては、やなど、人類史上稀に見る大惨事が立て続けに発生している。 アメリカによる一極支配が弱まる中、にに就任したは、の影響力が強かった時代の政策から大きく転換し、「国際協調」を掲げている。 しかし、その裏をかく形でやの軍拡・勢力圏の拡大を許してしまうのではないかとの懸念もある [ ]。 これは、時代に見られた現象である。 デタントの時期、表面的には両者の緊張は緩和していたが、裏でソ連は極秘裏にの配備や通常戦力の拡大を行い、アメリカ合衆国との軍事力の差を縮めていった。 現代の世界情勢においても、今まではアメリカ合衆国の勢力圏だった一部南米諸国が左傾化し、ロシアや中国との接近を深め、アメリカは自国の勢力圏を失っている。 アメリカもロシアも中国も、的、的な性格を持っていることである。 中国は台湾や琉球諸島に対する領土的野心をあらわにしており、また、ロシアも隣国を自国の「勢力圏」とみなし、親欧米路線を取っている、、そして2009年に入って以降へ接近し始めたに対して禁輸措置などを行い、強硬な圧力をかけている。 にはアメリカの財政難から(デフォルト)が起きそうになったり、政権がレッドラインを超えたとして当初アメリカ主導で行う予定であったへの軍事介入を取りやめた。 パクス・アメリカーナとグローバリズム [ ] パクス・アメリカーナがそれ以前の「超大国による平和」と異なる点 として、やの世界政治への影響力拡大がある。 これらの組織はアメリカの推進する「」によって各国で影響力を拡大しつつある。 なお、アメリカ合衆国主導のグローバリズムは、アメリカ国内産業の衰退や中国などの経済発展にも関係しており、アメリカの弱体化にも繋がるものになっているため、グローバリズムはアメリカ国内でも伝統的保守派の反発を呼んでいる [ ]。 脚注 [ ]• Jayita Sarkar. 2013年8月6日閲覧。 関連項目 [ ]• パクス・タタリカ()•

次の

パックス・アメリカーナ(アメリカの覇権)がもたらすドル高はこれから佳境に入っていく|世界投資へのパスポート|ザイ・オンライン

パックス アメリカーナ

覇権国家がどのような原因で盛衰の歴史を辿るのかを論じた書物といえば、1987年に出版されたポール・ケネディの「大国の興亡」を思い浮かべる方も多いだろう。 1980年代のアメリカは、経済面では財政赤字と経常収支の赤字という双子の赤字問題を抱え、インフレと低成長に苦しんでいた。 国際政治では、アメリカとソ連による二極構造の支配的地位が揺らぎだしていた。 しかし、1990年代に入ると状況は大きく変わった。 1989年にベルリンの壁が崩壊し、1991年にはソ連が崩壊するとアメリカは唯一の超大国となる。 経済面でも、インターネットが登場してYahoo、AmazonやGoogleなどのハイテク企業が急発展し、金融工学的手法を駆使した新金融商品と金融技術の発展で金融産業が急拡大した。 IT革命によってアメリカ経済が復活したと多くの人が考え、ニューエコノミー論が唱えられるなど、もはや米国を脅かす国は現れないかに見え、覇権国家の興亡に対する人々の興味も低下したように思えた。 しかしここ数年、国家の繁栄と衰退の要因を考える書物が再び相次いで出版されている。 例えば、「国家はなぜ衰退するのか」(ダロン アセモグル、 ジェイムズ A ロビンソン)、「なぜ大国は衰退するのか」(グレン・ハバード、ティム・ケイン)、「人類5万年文明の興亡:なぜ西洋が世界を支配しているのか」(イアン モリス)などがある。 先進国経済の停滞 このような書物が話題になっていることは、パクス・アメリカーナを支えてきた構造が揺らいでいるという不安が高まったことが背景にあるだろう。 アメリカ経済は2008年に起きたリーマンショックによる経済の大幅な落ち込みからなかなか抜け出すことができず、その間に中国は急速な経済発展を遂げた。 中国の経済規模は2010年には日本を抜いて、世界第二の経済大国に躍り出た。 IMFが4月に発表した最新の予測では、2016年には中国の経済規模がユーロ圏を上回り、2020年には日本経済の3倍を超えるようになるとしている。 2013年には輸出入金額の合計で中国はアメリカを抜いて世界一になり、貿易面での存在感は既に極めて大きなものになっている。 2013年末に、IMFのセミナーでサマーズ元財務長官が、アメリカ経済が長期的な停滞に陥っているのではないかという疑問を投げかけ話題になった。 バブル崩壊後に日本経済が長期停滞したのは例外だとみていたが、先進諸国経済全般がおなじような症状を示しているようにも見える。 多極化する世界 出版されている書籍の全体的な論調を大胆にまとめれば、「現在のアメリカの置かれた状況はローマが自ら衰退の道を辿ったのとは異なっており、多様性を基盤とするアメリカ社会が持つ革新性は簡単には失われない。 自由や平等、民主主義を基礎とした経済・社会でなければ、国の発展には限界がある。 」といったことになるだろう。 「ソフト・パワー論」で有名なジョセフ・ナイは、今年に入って"Is the American Century Over? "(アメリカの世紀は終わったのか?)という、多くの人々が抱いている懸念そのものずばりのタイトルの本を出した。 アメリカは第二次世界大戦を契機に世界を主導する立場となったが、アメリカが唯一の超大国だという1990年代以降の状況は例外的だったとする。 そもそも常にアメリカには強力な対抗勢力があって世界を思い通りに動かしてきた訳ではないから、極論すれば、これまでよりもやっかいにはなるが、程度の違いに過ぎないという主張をしている。 アメリカが衰退の道を辿るわけではないとは言っても、「他の国々が発展する」(「アメリカ後の世界」ファリード・ザカリア)ことで相対的な関係は変わり、「リーダーなき経済」(ピーター・テミン、 デイビッド・バインズ)が言うように21世紀前半の世界は多極化の方向に進むだろう。 状況がこれまでとは大きく変わる中で、日本はどのような道を選ぶべきなのか、日本は将来についての大きな戦略を描くことが必要になっているのではないか。

次の

パックス・アメリカーナ(アメリカの覇権)がもたらすドル高はこれから佳境に入っていく|世界投資へのパスポート|ザイ・オンライン

パックス アメリカーナ

【今回のまとめ】 1.パックス・アメリカーナとは「アメリカの覇権」をあらわす 2.アメリカ経済はリーマンショックから立ち直った 3.旅客機受注、シェール革命などが最近のデータ改善の背景にある 4.インターネット、バイオテクノロジーでもアメリカは他を寄せ付けない 5.群生的技術革新が覇権サイクルを生む背景 パックス・アメリカーナという言葉 パックス・アメリカーナ(Pax Americana)とは「アメリカの平和」という意味のラテン語です。 それが転じて、「アメリカの覇権」をあらわすことに用いられています。 1980年代にジャパン・マネーが世界を席巻して以来、アメリカの凋落ということが繰り返し言われてきました。 最近では2008年にリーマンショックが起きたとき、「今度こそ、本当にアメリカは駄目になった!」と考える識者が多かったように思います。 あれからまる6年が経ったわけですが、アメリカは本当に凋落してしまったのでしょうか? 経済のデータを見る限り(どうもそうじゃないな)と感じさせるものが多いです。 そこで今日はリーマンショック以降、世界におけるアメリカの地位が本当に相対的に低下してしまったのか、それとも逆にアメリカは強くなったのかを検証してみたいと思います。 癒えるアメリカ経済 まずリーマンショックで大きな傷を負ったアメリカ経済ですが、ここへきて治癒したと思わせるデータが続々と出ています。 まず先日発表された第2四半期GDP改定値は+4. 2%と市場予想を上回りました。 もちろん、この数字はその前の第1四半期が厳冬の影響で落ち込んだことの反動であると解釈できます。 しかしそれを割り引いて考えても、米国のGDPが均してみるとしっかりとプラスを出せるようになったことは明白です。 これは再びゼロ成長に陥ったユーロ圏18か国と好対照を成しています。 もうひとつのデータ・ポイントとして先週発表された耐久財受注も、余りの多さに市場関係者を驚かせました。 耐久財受注にはボーイングの旅客機が含まれており、これが一挙に今回数字に反映された関係でグラフが垂直に跳ね上がっています。 普通、トレーダーは旅客機の数字を除外してデータを読みます。 なぜなら旅客機の受注の数字の上下は、荒っぽすぎるからです。 ただ巨視的に米国経済の活力を見る場合、やっぱり旅客機の受注の数字は含めておくべきだと思います。 なぜなら 旅客機は技術の結晶であり、付加価値の塊だからです。 ある国の経済や技術の底力を測定する上で、航空機ほどそれを端的に象徴するものはありません。 いま失業率に目を転じると、6. 2%まで回復してきており、これは過去66年の平均である5. 8%にまでほぼ戻ったと言えます。 【2020年6月1日時点】 「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社 米国株の取扱銘柄数 取扱手数料 (税抜) 3500銘柄以上 約定代金の0. 取引手数料もお得で、 米国株なら最低手数料0ドルから購入可能。 さらに、外国株取引口座に初回入金した日から20日間は、 米国株取引手数料(税抜)だ最大3万円がキャッシュバックされる。 また、米国ETFの中で「USAプログラム」対象銘柄は実質手数料無料(キャッシュバック)で取引ができる。 しかもNISA口座なら、日本株の売買手数料が無料なのに加え、 外国株(海外ETF含む)の購入手数料も全額キャッシュバックされ、実質無料になるのもメリット! 【関連記事】 米国株の取扱銘柄数 取扱手数料 (税抜) 3400銘柄以上 約定代金の0. また、一部の米国ETFは売買手数料が実質無料で取引できる。 あらかじめ設定した金額か株数(口数)で定期的に買付する「 米国株式・ETF定期買付サービス」が便利。 NISA口座なら、日本株の売買手数料だけでなく、 海外ETF(米国・中国・韓国)の買付手数料も無料に。 また、米国株の情報入手には、各企業情報が1ページにまとまったレポート「One Pager」、米国株・米国ETFをテーマで検索できる「 米国テーマ・キーワード検索サービス」、さらに銘柄検索やソートができる「米国株式決算スケジュールページ」が使いやすい。 【関連記事】 米国株の取扱銘柄数 取扱手数料 (税抜) 1000銘柄以上 無料 【DMM. com証券おすすめポイント】 2019年12月に 米国株の売買手数料を完全に無料化したことで、取引コストに関しては一歩リード! ただし、配当金が円に両替される際の為替スプレッドが1ドルあたり1円と高いので、配当狙いで長期保有する人は注意が必要だ。 取扱銘柄数は少なめだが、 FAANGなどの有名IT株やバンガードなどの人気ETFは、きちんと網羅されている。 他社と違う点としては、外貨建ての口座がなく、売却時の代金や配当が自動的に米ドルから円に交換されること。 米ドルで持っておきたい人にはデメリットだが、 すべて円で取引されるため初心者にとってはわかりやすいシステムと言えるだろう。 また、米国株式と国内株式が同じ無料取引ツールで一元管理できるのもわかりやすい。 米国株の情報として、米国株式コラムページを設置。 ダウ・ジョーンズ社が発行する「 バロンズ拾い読み」も掲載されている。 【関連記事】 ZAiオンライン アクセスランキング• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2020. 16)• ザイ別冊編集部(2017. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ別冊編集部(2017. ザイ・オンライン編集部(2019. ポイ探ニュース(2020. 27)• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ編集部(2020. 28).

次の