シマノ リール 新 製品 2020。 【2020年シマノ新製品リール】NEWツインパワーは大幅軽量化で高い剛性を狙ってきた……!

シマノの2020年 新製品を予想してみた。[ロッド][リール]

シマノ リール 新 製品 2020

ひと目で15ツインパワーとの違いを感じるアグレッシブなデザインと色使いが特徴的。 正直、15ツインパワーを通常の範囲で使用していて、我慢ならない点があるのかというと、ほとんどのアングラーが十分満足しているんじゃないでしょうか? 「これ以上、どこを進化させるの?」最近の中・上位クラスのリールのモデルチェンジには、常につきまとう疑問ですよね。 しかし、実際に新しいリールを手にしてみると「ああ、やっぱいいな…」と、なってしまうわけです。 困ったことに。 で、NEWツインパワーは、どこに力点を置いて開発されたのか? これ、重要な部分なので、最初にしっかりと説明しておきます。 実は、筆者は幸運にも、このNEWツインパワーに触れる機会を与えられたので、その上で断言しますが、新しいツインパワーは明確な進化を感じる仕上がりでした。 左が20ツインパワー(2500S)、右が15ツインパワー(2500S)。 新しいツインパワーは、引き締まったデザインと色使いになったのが印象的。 あ、ちなみに、モデルラインナップのスペック表が見たい方、一番下までスクロールしてもらえれば、15ツインパワーのそれと並べて掲載しておりますので、そちらをどうぞ。 「金属ローター+アルミボディ」の組み合わせで達成した圧倒的な剛性感 15ツインパワーではラインナップになかっが、NEWツインパワーではC5000XGも選択可能。 ライトショアジギングにも最適。 15ツインパワーとの大きな変化点の1つとして挙げられるのが、ローターの材質の変更です。 それが、NEWツインパワーでは一転、何と、金属ローターに改められたんですね。 これはちょっと驚きです。 現ラインナップでは、金属ローターとアルミニウムボディの組み合わせは、ステラとこのツインパワーだけということになります。 NEWツインパワーが、いかに剛性感のアップに本気だということがよくわかります。 察しの良い皆さんはお気づきだと思いますが、この変更によりローター重量は重くなってしまうんですよ。 手元の資料では、C3000の場合、前作比で約4g、ローター重量がアップしてしまっている。 20ツインパワーは3月発売! ソルトルアーフィッシングでの使用で恩恵が大きい正常進化 単に、軽量化だけを目指すというのではなく、リール自体の剛性感の向上や、巻きに対するこだわりを全面に押し出したリニューアルは、結果として、ソルトルアーフィッシングでの使用において、恩恵が多いものとなったんじゃないでしょうか? サーフゲームやショアジギング、シーバス、ヒラスズキといった、いずれもリールへの負荷が高いゲームでも、シマノが擁する各インストラクター陣の評価は非常に高いものでした。 もちろん、4万円を超える本体価格なので、求められるスペックはそれなりに高いものとなりますが、それでも、その要求を超えるものを達成しているのではないでしょうか(本体価格も、前作を超えちゃってますが…)。 強度、耐久性、ギヤ(巻き)、軽量化、全方位的に進化しており、突っ込みどころなどないのがNEWツインパワーだと思います。 買って後悔することは、まずありえないでしょう。 ただ、あえて言うなら、ツインパワーXDやSW、ヴァンキッシュ、ストラディックといった、選択肢の多いシマノリールのラインナップの中で、あえてこのツインパワーを選ぶ理由をどこに見出すか、ということでしょうか。 皆さんは、どう思われますか?.

次の

【2020年シマノ新製品情報】スピニングリール「20 ツインパワー(TWINPOWER)」

シマノ リール 新 製品 2020

2020年に発売のシマノのメインリールやロッドが発表されました。 夏や秋に目掛けて、また新製品も登場しますが 2020年上半期に登場は今回のラインナップです。 その中から、気になる製品をピックアップしていきましょう! シマノ2020NEWラインナップ 2020シマノNEWリール編 [2020 TWIN POWER] シマノが「質実剛健の極みへ」とキャッチを付けたくらい このリールに求められるのは剛性と耐久度。 手が届く価格帯で、剛性や耐久度のみならず回転性能もステラと同じ機能性を搭載。 楽天で購入 その他にもセフィアSS、エクスセンスBBなど下位互換バージョンが NEWラインナップとして発売されます。 ベイトリールに関しては自分の釣り、フィールドに適さないので興味なし。 2020シマノNEWロッド編 [ルナミス(LUNAMIS)] なんとも立ち位置が微妙なロッドが出てしまった。 シーバス用としてはエクスセンス・ジェノスシリーズ 青物用としてはコルトスナイパーシリーズ サーフヒラメ用としてはネッサシリーズとそれぞれ立ち位置がしっかりしているが ルナミスは・・・・? 個人的にはこのロッドどう判断して良いか分からないが 価格もそれなりだし、ラインナップも21もあり汎用ロッドとしてなのか? [ワールドシャウラ・ドリームツアーエディション] ずっと欲しい欲しいと願っているが高くて手が出ないフラッグシップパックロッド。 これさえあればどんなに車内道具の置き方や荷物を持っての移動が楽になることやら。 家族旅行にも早起きしてチョット釣りに行けるが、大型魚とも問題なくファイト出来る。 これは作ったご本人様より説明できるものはいないと思うので 村田基氏のチャンネルでどうぞ! 楽天で購入 他にはセフィアリミテッドなどマイナーチェンジしたロッドはあるが 大きな変更点はない。 2020シマノNEWルアー [サイレントアサシン フラッシュブースト] もう何種類発売されているのか?わけが分からなくなってる サイレントアサシンシリーズに待望のフラッシュブーストモデルが遂に登場! フローティングモデルのみだが、今後シンキングモデルも登場するでしょう。 自重19gと風が強い時の飛距離面で少し心配だが、 シンキングモデルは1㌉程度で出てくることが予想されるので飛距離面を求めるのは そちらを待ちたい。 楽天で購入 [熱砂 ウイングビーム] スピンビームから派生した熱砂ウイングビーム80HSから サイズアップヘビー版ウイングビーム110HSが登場! サイズ110mm 自重38g とベイトサイズに合わせたルアーチェンジが出来るように。 80HSは35gで110HSは3g重いが、 サイズが長くなった分だけ風の抵抗を受け、飛距離は公式だと5mほど落ちる表記に。 風が吹くとさらに飛距離は落ちると思うが自重の重さで80m以上は飛ぶでしょう。 相変わらずよく売れている80HSは転売価格上乗せで出品しているので購入しないように! 80HS定価:1,650円 110HS定価:1,700円 熱砂シリーズは他にメタルドライブも38gのヘビー版が登場。 狂鱗カラーが熱砂シリーズにも多くNEWカラーとして登場しています。 [コルトスナイパー ロックシリーズ] コルトスナイパーシリーズは狂鱗カラーが追加されてのラインナップ。 全てが狂鱗カラーではなく、ルアーによって数種だけのカラーが狂鱗なので購入時確認してくださいね。 2020シマノNEWアクセサリー [フィッシュグリップ] なんと!シマノからフィッシュグリップが登場。 サイズ:335㎜ 自重:410g と、大型魚対応サイズで20㎏まで測定できる重量計搭載 [PEライン ピットブル8] ガイドにコーティング剥がれは付きまくるピットブル12があまりにも不評だったので 熱伝導率が低く、耐熱性に優れるヒートシンクコーティングが付いた 8本編みでカラーはピンクと5カラーの2種類。 4号~2. 0号までのラインナップ。 そう・・・12本編みなんて1本1本が細くなり必要無い訳で8本編みで十分なんですよ。 だからルアーアングラーにもタナトル8をお勧めしてたのですが・・・。 独自路線を突き進むのではなく、しっかりとアングラーの欲求に近付いたものを 次々と出せる理由はきっとSNSなどで、シマノプロスタッフ達に 生の釣り場の声が届いているからなのでしょう。 その声をしっかりと製品として形にするシマノも素晴らしいと思います。 今はそれを無視していては物は売れませんからね・・・。 ほとんどの製品が3月以降の発売となっており春シーズンから 色々とインプレしていきたいと思います。 紹介しなかったら、個人的にその製品は勧める程ではないと思ってください(笑).

次の

2020年新製品!『NEW 20ツインパワー』ついにモデルテェンジ!こんなに進化してた!

シマノ リール 新 製品 2020

この記事の目次• 更にカルカッタコンクエストDCに待望の100番が追加され、 100・200共にHGがラインナップに加わります。 また、海外で先行発売されていたSLX-DCが70番としてリリース、スコーピオンをベースとした「エクスセンスDC SS」というシーバス用のモデルも登場するそうです。 エクスセンスDC SSは17エクスセンスDCの下位機種という位置付けのようで、SSはシャロースプールではなくグレードを意味しているのかもしれません。 スピニングリールでは、兼ねてから噂されていた ツインパワーが大幅に軽量化してフルモデルチェンジされコアソリッドシリーズを継続、ステラSWにも番手が追加されています。 ロッドは追加機種が豊富にラインナップ! 製品名 追加機種 発売日 ゾディアス(1ピース) NEW! ロッドは ゾディアスがフルモデルチェンジされて、ファーストラインナップは1ピース・2ピース併せて30機種! ポイズンアルティマの172Hは以前からありましたが、を採用してブラッシュアップされたものが登場します。 他はワールドシャウラやスコーピオンやポイズンシリーズなど各モデルに数多くの機種が追加、2020年のロッドは追加番手が豊富にラインナップされますね! 2020年シマノ新製品・まとめ! 皆さん欲しいリールやロッドはありましたか? 詳細は除き注目度の高い製品に絞っただけでも、2020年はこれだけの新製品がリリースされます! バスフィッシングをしている私の個人的な意見としては、メタニウム以外はときめくアイテムがなく、少し物足りないと感じました… しかし、メタニウムとツインパワーに力を入れて作られたようで、技術の進化は凄いと思える製品でした。 20メタニウムは海水に対応しているため、 2020年の新製品は海釣りをされている方には特に嬉しい内容ではないかと思いました。 今回取り上げた製品以外にもまだまだありますので、詳細はシマノのホームページまたはカタログをご確認ください。 ついに全貌が明らかになった2020年のシマノ新製品、近々開催される釣りフェスティバルやフィッシングショーで実際に手にとって確かめてみようと思います!.

次の