マクラーレン gt。 【マクラーレン GT 新型試乗】一泊二日のゴルフ旅に乗りたいスーパーカー…九島辰也

【輸入車年鑑 2020】マクラーレンGTはグランドツアラー性とスーパースポーツ性が共存

マクラーレン gt

モーターマガジンMovie(チャンネル登録者数11万9000人超)で長年に渡って試乗レポートを務めるモータージャーナリストの竹岡 圭さん。 このコーナーでは、その中から人気の動画を逐次紹介していきます。 今回は、スーパーカーブランドであるマクラーレンの最新作GTの登場です。 (2019年6月ブランニュー) マクラーレンワールドに包み込まれる スーパーカーの名ブランドであるマクラーレンが、俊敏な走りと寛ぎのロングツーリングを楽しめるグランドツアラー「マクラーレンGT」を2019年6月にリリースしました。 そして2020年初頭に日本上陸を果たし、今回の試乗となりました。 マクラーレンの特徴であるディヘドラルドアを開け、マクラーレンGTに乗り込んだ竹岡圭さんは「なんかゾクゾクしてきた」そうです。 アクセルを踏み込や一心不乱に運転をし続ける彼女の姿は、まるでマクラーレンワールドの虜になってしまったようです。 「高速域はもちろん、街中などの中低速域でもいたって快適な乗り味でした」とは、彼女の感想の一端です。 ちなみに、ミッドシップに積まれた搭載エンジンは最高出力620ps、最大トルク630NmのV8DOHCツインターボ。 このエンジンが奏でる官能のサウンドも、マクラーレンGTの魅力のひとつです。 youtube.

次の

【試乗】マクラーレン GTは実用性と快適性をも備えた珠玉のスーパーカーだった

マクラーレン gt

マクラーレンが、グランドツアラーの新モデル「マクラーレンGT」を発表しました。 ブランドの魅力をアップする新型マクラーレンGTについて、スペックや価格など詳細情報をご紹介します。 マクラーレンGTは、スポーツシリーズ、スーパーシリーズ、限定のアルティメットシリーズとラインナップするマクラーレンブランドの新しいカテゴリ「グランドツアラーシリーズ」初のモデルとして開発。 スポーツモデルとしての運動性能を維持しながら、長距離ドライブでも快適に使うことができるモデルとして制作されています。 「グランドツアラーシリーズ」初のモデルとして制作• 車体構造に新開発した「モノセルII-T」を採用し、マクラーレン史上最大となるラゲッジスペースを実現• ドア開口部を拡大しサイドシルの高さを抑えることで、乗降性を向上• インテリアに、ヒーター付き電動シートやアンビエントライティング、12. 3インチTFTスクリーンを採用• フロントは、最新のマクラーレンブランドのデザインコンセプトを採用しながらも、過激すぎることなく、落ち着いた佇まいに仕上げ。 リアは新設計されたカーボン製モノコックによりウィンドウが拡大され、運転時に後方の確認がしやすくなっています。 ホイールベース:2675mm• 車重:1466kg• 前後重量配分:42. 5:57. これにより、安定感ある走りと広いラゲッジスペースが確保されました。 車重はボディサイズの拡大により1530kgまで増加していますが、マクラーレンは「競合するプレミアムGTと比較して130kg以上軽量」とコメントし、ブランドの独自性がアピールされています。 新型マクラーレンGTの内装(インテリア)デザイン 新型マクラーレンGTの内装は、高い走行性能を快適な室内空間により楽しむことができるようになっています。 ドア開口部は新開発カーボンモノコックにより拡大され、サイドシルの高さも下げることで乗降性を向上。 シートには専用のヒーター付き電動シートを採用し、パッドの量を最適化するとともに肩および背中のサポートを充実。 サイドサポートも調整可能とすることでグランドツアラーとしての高い乗り心地を実現。 インフォテインメントシステムは、ドライバー前方に12. 3インチTFTスクリーンを配置し、重要な車両情報を表示。 計器類は、航空機からインスピレーションを受けたデザインが採用されました。 加えて、点灯するまで存在に気づかないように配置されたアンビエントライティングにより、上質な空間がつくられています。 ルーフは標準でカーボンファイバー製を装備し、オプションで「エレクトロクロミックガラスパネル」を設定。 「エレクトロクロミックガラスパネル」は、ボタンをタッチするだけでガラスの透明度を変更でき、開放感あるドライブを楽しむことができるようになっています。 また、グランドツアラーとして室内に入り込むノイズの低減も行われ、サーキット専用マシンの半分の剛性となる専用エンジンマウントを採用。 カーボンファイバー構造から発せられる低周波音も抑制されています。 そして、新型マクラーレンGTの大きな特徴となるラゲッジは、テールゲート下に420Lものスペースを確保。 加えて、フロントに150Lのストレージを用意することで、570Lとクラス最大のスペースがつくられています。 エンジン:V型8気筒4Lツインターボ• 最大トルク:64. トランスミッション:7速デュアルクラッチ式• 駆動方式:MR• 2kgmを出力し、エンジン特性は低回転から大きなトルクを発揮するようにチューニング。 3秒の3. 2秒と、同クラスのグランドツアラーでトップクラスの数値に仕上げられています。 新型マクラーレンGTの走行システムは? 新型マクラーレンGTの走行システムには、最新のサスペンションシステムが採用されています。 サスペンションは軽量アルミ製ダブルウィッシュボーンとされ、油圧式ダンパーとプロアクティブダンピングコントロールシステムを採用。 サスペンションの制御は、「720S」用に開発された最適制御理論ソフトウェアアルゴリズムを最適化し、アルゴリズムがセンサーからのインプットを通じて次の挙動を予測し、2ミリ秒で適切な対応を行うことができるようになっています。 ボディの挙動はグランドツアラーとして乗員の快適さを優先したものとされていますが、接地荷重と路面との接地面はグリップレベルが向上するようにつねに最適な状態に変更することで、高い運動性能を獲得。 ドライビングモードは、「コンフォート」「スポーツ」「トラック」が用意されています。 また、運転のしやすさにも配慮され、フロントのアプローチアングルは通常10度ですが、車両リフトシステムにより13度へ拡大することで、路面の凹凸への対応力を向上。 路面と車体のクリアランスも110mm~130mmまで変更できるようにすることで、最高の車高を選択した場合には、主流のセダン同様の地上高が確保されます。 新型マクラーレンGTを試乗動画でチェック! 新型マクラーレンGTは、試乗動画が公開されています。 アップされた実用性と高い走行パフォーマンスが高評価を受けています。 2625万円 新型マクラーレンGTの価格は、日本で2625万円と発表されています。 この価格は、3338万円から用意されるスーパーシリーズの720Sより大幅に価格が抑えられており、ブランドの新しいエントリーラインとなります。 新型マクラーレンGTの発売日は? 新型マクラーレンGTは、2019年5月15日に公開されました。 これにあわせ世界的にオーダーの受付が開始されており、納車は2019年末から開始される予定です。 マクラーレンは新しくグランドツアラーモデルをラインナップすることで新しいユーザーにアピールし、2025年までに生産台数を現在の年間5000台前後から6000台まで引き上げる新ビジネスプラン「Track25」の達成を目指していく考えです。 新型マクラーレンGTについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! carislife.

次の

マクラーレンGTの見積もりを取ってみた!基本的には「全部入り」なクルマなのでノーオプションでも不足はない

マクラーレン gt

ALL RIGHTS RESERVED. gqjapan. gqjapan. jp","requestIp":"193. 192. socialNetworks. socialNetworks. socialNetworks. socialNetworks. socialNetworks. gqjapan. analytics. analytics. analytics. relatedSites. relatedSites. relatedSites. relatedSites. sharingLinks. sharingLinks. sharingLinks. gqmagazine. socialNetworks. socialNetworks. facebook. socialNetworks. socialNetworks. instagram. socialNetworks. youtube. analytics. analytics. analytics. analytics. analytics. analytics. analytics. analytics. analytics. gqjapan. We also share information about your use of our site with our social media, advertising and analytics partners. locale. locale. newsletter. newsletter. relatedSites. vogue. relatedSites. wired. relatedSites. voguegirl. relatedSites. gqjapan. primary. primary. primary. primary. primary. primary. primary. primary. primary. primary. secondary. secondary. secondary. secondary. commercial. commercial. social. social. social. social. hygiene. hygiene. hygiene. hygiene. hygiene. hygiene. hygiene. secondary. secondary. secondary. secondary. gqjapan. commercial. commercial. social. social. facebook. social. social. instagram. com. com. globo. globo. gq-magazine. gq-magazine. com. com. revistagq. revistagq. gqmagazine. gqmagazine. gq-magazin. gq-magazin. gqindia. gqindia. gqitalia. gqitalia. gqjapan. gqjapan. gqkorea. gqkorea. gqmiddleeast. gqmiddleeast. com. com. com. com. gqthailand. gqthailand. com. com. hygiene. hygiene. hygiene. hygiene.

次の