瀬戸内 シー ジャック 事件。 瀬戸内シージャック事件の概要・犯人や容疑者などの関連人物

シージャック

瀬戸内 シー ジャック 事件

瀬戸内シージャック事件犯人の川藤展久は、事件を起こした広島県の隣県、岡山県の倉敷市 当時は児島市 出身です。 6人兄弟の三男ということはわかっていますが、何番目に生まれたかは不明です。 生まれ年は1949年=昭和24年で、もし生きていれば今年2019年で70歳でした。 なお、1949年は太平洋戦争終戦からまだ4年後という時代です。 川藤展久の父親は船員として働ていたそうです。 一方、母親は熱心な新興宗教信者だったらしく家をよく留守にしていたようですが、この新興宗教の具体名はわかっていません。 このような家庭環境で育った川藤展久は、小学校の頃から授業をサボって放浪を繰り返すような子供だったそうです。 放浪は電車に無賃乗車し全国規模だったというから驚きです。 性質としては情緒不安定さと周囲に流されやすい気質が特徴だったそうです。 全国各地を転々としていた瀬戸内シージャック事件の犯人、川藤展久は、その先々で工場、蕎麦屋、パチンコ店など様々な場所で働いています。 しかし、働いてはみるもののどれも長続きはしませんでした。 そして、金銭欲しさに窃盗などの軽犯罪を行うことを繰り返していました。 暴力団の使い走りのようなこともやっていたといいます。 そんな川藤展久は事件を起こす3年前の1967年、広島で工員になります。 この時、約20件ほどの窃盗事件を起こし逮捕されました。 収容先が少年院だったのか少年刑務所だったのかは不明ですが、1969年の春まで入所していました。 そして、退所後から瀬戸内シージャック事件を起こすまで仕事に就くことはありませんでした。 1970年5月11日、福岡県に出没した川藤展久ら3人は乗用車を盗むことに成功します。 そして戦利品であるその車を運転し、広島県に戻ろうとしていました。 当日は豪雨だったそうです。 しかし、車が山口県に差し掛かった辺りで3人は致命的なミスを犯します。 山口県山陽小野田市 当時は厚狭郡山陽町 の国道2号線ではちょうど検問が行われていました。 そのことも知らずに追い越し禁止区間で追い越しをし、川藤展久らが乗っている車は停められてしまったのです。 車が盗難車であることは即座にばれて逮捕され、最寄りの小野田警察署に連行されることになりました。 時刻は午前0時20分頃だったといいます。 警察は川藤展久と少年2人を連行するにあたって、押収した盗難車の持ち運びも兼ねたやり方を用います。 すなわち少年1人はパトカーに乗せ、川藤展久ともう1人の少年は盗難車に乗せたのです。 この時、それぞれの車に警察官が何人同乗していたのかは定かになっていません。 しかし、その後の展開からして最低人数で賄おうとした気配があります。 いずれにしろ、ここから事態は一気に動き始めます。 川藤展久は盗難車に猟銃を隠しており、それで警察官を脅します。 そして同乗していた少年がナイフで警察官の胸を刺し、2人はその場から逃げ果せたのです。 警察官は全治2週間の怪我でした。 さらに川藤展久と少年は途中で軽自動車を盗んで乗り換え、山口県の宇部市まで移動します。 宇部市では服を調達して着替え、山陽本線に乗って広島に向かいました。 広島中央郵便局 現在は広島東郵便局 で強盗を行い、逃走資金を得るつもりであったといいます。 川藤展久と少年は山陽本線の横川駅で下車しました。 用心して広島駅の一つ手前からタクシーで広島市内に入ったのです。 しかし新聞の夕刊での報道をはじめ、既に自分たちへの警戒網が敷かれていることに気付きました。 そのため2人は郵便局襲撃を断念し、その晩は広島駅近くの二葉山にある仏舎利塔で寝ることにしたのです。 翌12日の午後2時頃、広島市の岩鼻踏切付近に2人組が潜伏しているという通報が警察に入ります。 現地は道が狭く警察は徒歩で捜索を行い、1人の警官が2人を見つけました。 警官は偶然通りかかった軽トラックに便乗し2人に追いつきます。 しかし、ここで川藤展久が軽トラック運転手に猟銃を向けました。 この脅迫により警官は自分の銃を放棄したのです。 そして川藤展久は軽トラックに乗り込み逃げ果せましたが、付近に隠れていた少年は警察官に取り押さえられ逮捕されることに至りました。 ぷりんす号の乗っ取りから瀬戸内シージャック事件が終結するまでの約17時間の間、川藤展久はライフルと猟銃を乱射し、狙撃しまくりました。 ライフルから50発、猟銃から64発の弾が放たれたといいます。 そして、それは単なる威嚇狙撃ではなく、警備艇の警察官に1ヶ月の重傷を負わせています。 それ以外にも追跡するヘリコプターやマスコミの軽飛行機を狙撃したりもしました。 ぷりんす号の航路に偶然、居合わせただけの一般人のモーターボートに向けてもライフルで狙撃したそうです。 また13日未明には、海上で川藤展久の父や姉が投降するよう説得をしますが、川藤展久はそれを拒むかのように発砲を繰り返しました。 家族を直接狙ったわけではないものの、その方向に狙撃をしたのです。 松山港を出たぷりんす号は、一度、来島海峡方面に向かうも進路を変えて再び広島港に戻りました。 時刻は午前8時50分でした。 この段階で、川藤展久は先に逮捕された少年2人を連れてくるよう要求しながらライフルの乱射を継続していました。 警察は事件のこれ以上の長期化は危険と考え、終結方法の結論を出します。 事後調査では「急所を外す」指示だったそうですが警察は川藤展久狙撃命令を下しました。 午前9時52分、ぷりんす号との距離約40m離れた防波堤に身を潜めていた狙撃隊員が、川藤展久の左胸辺りの狙撃に成功します。 この時、川藤展久はライフルを持たず甲板で何かわめいていたそうです。 そのまま病院に運ばれましたが午前11時25分に死亡しました。 1970年は高度経済成長期の真っ盛りでした。 多くの人の生活は豊かになり、物質が満たされていく世の中の一方で、その波に乗れない層も存在していました。 また様々な情報が氾濫する社会では人々の価値観も多様化していきます。 以前には無かった問題も噴出し、そのどれもが簡単には解決しないものばかりという時代に突入したのです。 それまではテレビドラマや映画の中の話だった人質事件や銃の乱射が現実に起こり、瀬戸内シージャック事件においては、それが生中継されました。 川藤展久が撃たれて倒れ込む瞬間まで放映されたのですから、世間に与えた衝撃は大きなものだったといえます。 そして犯罪者予備軍にも何らかの影響を与えてしまったともいえます。 大胆な事件が身近で起こり得る怖さの周知と共に、メディアが社会に与える影響力の大きさの転機になった事件だったのです。

次の

瀬戸内シージャック事件の概要・犯人や容疑者などの関連人物

瀬戸内 シー ジャック 事件

瀬戸内シージャック事件(せとうちシージャックじけん)とは、1970年5月12日に発生した、旅客船乗っ取り事件である。 「ぷりんす号シージャック事件」とも呼ばれる。 警察官が犯人を狙撃・射殺することによって人質を救出し、解決した事件として知られる。 なお「シージャック」という言葉は、「ハイジャック」の意味を取り違えたことから生まれた和製英語であり(「ハイジャック」で「乗っ取り」という意味である)、本来ならば「シップ・ハイジャック」と呼ぶことが英語として正しい。 しかし、この名称が広く一般に定着しているため、この項目ではそのまま使用する。 1970年5月11日、本事件の主犯となる川藤展久(1949年生まれ、当時20歳)は、仲間の少年2人と共に福岡市内で乗用車を盗み、これに乗って広島方面に向かっていた。 しかし、同日午前12時20分ごろ、山口県厚狭郡山陽町(現在の山陽小野田市)の国道2号の検問で追い越し禁止区間で追越する交通違反をし停車命令され、盗難車を運転していたことが発覚し逮捕された。 3人はパトカーと盗難車に分乗して小野田警察署に連行されたが、盗難車に乗せられていた川藤と少年Aは、隠し持っていた猟銃を警察官に突きつけ、少年Aが警察官(当時43歳)の胸を刺し、2週間の怪我を負わせた。 少年Bはその場で拘束されたが、川藤と少年Aは逃走した。 逃走した2人は車を奪い宇部市まで逃走し、そこで服装を変えた。 川藤らは、当時国鉄広島駅前にあった広島中央郵便局(現在の広島東郵便局)を襲撃して金銭を得て大阪に向かおうと漠然に考え、土地勘のある広島市に山陽本線で向かった。 2人は広島駅のひとつ手前の横川駅で下車したが、非常線が既に張られていたため、身を隠すために山中に入った。 その日の夜は広島駅近くにある二葉山の仏舎利で野宿した。 5月12日昼ごろ、市民から山中で猟銃を持った二人組がいるとの通報を受け、警察は直ちに警官を急行させたが、現場が住宅密集地であることから捜索が困難なものになった。 川藤は午後2時50分頃、国鉄芸備線の踏切にいるところをプロパンガス販売業の配達用軽トラックに便乗していた警察官(当時25歳)に発見された。 鉢合わせた警察官は威嚇発砲したが川藤は動じず、軽トラックの運転手(当時39歳)を猟銃で撃ち殺すと脅迫したため、警察官は軽トラックの荷台に拳銃と実弾を投げざるを得なかった。 なお、猟銃であるが薬莢が野宿の際に雨で濡れていたため発射不能であったという。 川藤は軽トラックの運転手を脅迫し市中心部に向かった。 なお、拳銃を奪われた警察官は近くに潜んでいた少年Aを発見し、格闘の上で逮捕した。 一人になった川藤は、午後4時ごろ広島県警本部と目と鼻の先にある立町の銃砲店から、店員や客を休憩室に押し込めた上でライフル銃など三丁と弾丸80発、散弾250発を強奪し、タクシーで検問を突破し宇品港(広島港)に向かった。 川藤は待合室を乱射しながら桟橋に向かい、船舶への乗船を阻止しようとした警戒中の警察官に発砲し負傷させ、そして停泊していた愛媛県今治市行きの瀬戸内海汽船所属の定期旅客船「ぷりんす号」に乗り込み、船長を「どこでもいいから大きな街に行け! 」と脅迫して午後5時15分に出航させた。 この時「ぷりんす号」に乗り込んでいた乗員9人と乗客37人が人質となったが、ぷりんす号の乗船券を持っていたのは18人で、残りの15人は見送り客など桟橋に居合わせていて巻き添えで乗客になった。 その後「ぷりんす号」は瀬戸内海で逃走を続けたが、ここでも川藤は傍若無人な振る舞いを続けた。 まず元宇品沖で広島県警の警備艇「こがね」の操舵室を狙撃し、同乗していた警部補の胸に貫通銃創の重傷を負わせた。 また偶然モーターボートで遊んでいた一般人2人を狙撃したほか、地元の中国新聞と中国放送(RCC)がチャーターしたセスナ機を銃撃し、燃料タンクを貫通し燃料が漏れ出し、同機をあやうく墜落させかけた。 なお、この事態に対し、呉をはじめとする広島県沿岸各地に警察官が配置され、広島県警に在籍する警察官3,715人中1,256人が事件に動員されたほか、海上保安庁の巡視艇も警戒に当たった。 一連の追跡劇で動員された船舶は、県警警備艇5隻、チャーター船1隻、海上保安庁の15隻に上ったほか、海上自衛隊も県警の要請により掃海艇と支援艇を派遣し協力し、4号魚雷艇には警察官が乗船して追尾した。 また、近隣県警本部からの応援も含め、ヘリコプター多数も出動した。 警察庁は最悪の場合川藤の射殺をやむなしとして大阪府警察のライフル銃の狙撃手5人を海上自衛隊機で現場に派遣したほか、愛媛県警察も強行突入に備え催涙ガスを準備し、福岡県警察のライフル銃の狙撃手を待機させた。 なお、多くの報道各社の航空機も投入され、現場から生中継するなど報道合戦が繰り広げられたが、これは事件の前月に発生した「よど号事件」に近いものであった。 「ぷりんす号」は愛媛県の松山観光港に午後9時40分に入港した。 その際川藤は、船長(当時43歳)を交渉役にして、代わりの船か給油をさせれば乗客を降ろすと要求した。 愛媛県警は代わりの船の要求には応じなかったが、給油は行った。 なお愛媛県警は給油時に係員に変装した警官2人を船に乗せ、隙を見て犯人を取り押さえる計画を立てたが、川藤に「油をつんでも、人間はつむな」と要求されたことから断念した。 その後、乗客は全員解放されたが、乗員は解放されず、「ぷりんす号」は翌日午前0時50分に松山観光港を出発した。 「ぷりんす号」は一時来島海峡に向かい今治市沖に到達したあと針路を変え8時50分に宇品港に戻ってきた。 この時、川藤は逮捕された仲間を連れて来いと要求した。 また岡山県に住む父親(当時58歳)と姉は川藤に投降を呼びかけたが、彼はこれに応じずライフル銃を乱射し、警察官1人が撃たれて重傷を負い、強行偵察中の警察のヘリも撃たれて墜落寸前となった。 一連の犯行で川藤の被疑容疑は刑法の殺人未遂罪、強盗罪、公務執行妨害罪、逮捕監禁罪、艦船損壊罪、器物損壊罪、強要罪のほか暴力行為等処罰に関する法律および航空法違反と多数であった。 また最終的に使用された散弾は64発、ライフル銃弾は50発であった。 船長はいったん船外に出て犯人の要求を伝えたが、同時に「犯人は警官隊と打ち合いになって死にたい」と思っていることも伝えた。 また川藤が再び「ぷりんす号」を出航させる気でいることも判明した。 そのため広島県警はこれ以上の被害拡大を恐れ、須藤博忠県警本部長が現場で確認したうえで、場合によっては緊急避難措置として射殺も致し方ないとして発砲を許可した。 なお、県警本部長は後に「急所を外すように指示した」という。 9時52分、川藤が乱射を一時中断し、デッキに出て一瞬下を向いた際に40m離れた防波堤に待機していた大阪府警の狙撃手(当時41歳)が川藤に一発射撃した。 川藤はその直後にその場に崩れ落ちた。 船長が聞いた川藤の最期の言葉は「死んでたまるか、もういっぺん」であったという。 この瞬間はテレビにより生中継されていた。 また血まみれになりながらも逮捕される様子は新聞に掲載された。 左胸部に銃弾が貫通した川藤は、県立病院に搬送され緊急手術を受けたが午前11時25分に死亡した。 日本の人質事件として戦後初の射殺によって人質を救出した事件となった。 また広島県内で警官が犯人を射殺したのは、1952年にダイナマイト密漁をしていた者が警官が乗った漁船にダイナマイトを投げつけたため、防衛のために発砲して2人を即死させた事件(不起訴処分)以来の事だった。 また狙撃の瞬間は広島テレビ放送(HTV。 事件当時はNNNとFNNのクロスネット局だった)のカメラによって記録されており、川藤が崩れ落ちる様子が映像として残されている。 以前はそのままで放映されていたが、近年ではテレビ放映に際して、遺族等への配慮等の理由から、川藤の名前を明かさない他、顔の部分を隠す加工が行われることもある。 広島地方検察庁は、現場検証を行い一連の措置が武器使用条件を定めた警察官職務執行法第7条の「他に手段がないと信じるにたりる相当な理由」に該当していたかを捜査した。 また須藤県警本部長は広島県議会警察商工委員会で「右腕にねらわせた弾丸が左胸にあたった」と答弁し、射殺まで意図はしていなかったとした。 この事件に対し世論の多くは、拡大適用される懸念があるものの、おおむねやむを得ない措置だったという意見であったという。 藤木英雄東京大学教授は「米国ケント州立大学でデモの学生4人が射殺[5]されるように、濫用はしてはならないが、あくまで強力な銃器と弾を持っている場合には慎重にすべきであるが、(今回の事件については)やむを得ない処置であった」とした。 また植松正は「凶悪な人質犯罪では正当防衛として犯人射殺はやむを得ない」とした上で、無論犯人にも最小限の生存権があり尊重すべきであるが、もし躊躇して足を撃てばかえって逆上させるだけであり、一発で抵抗できなくすべきであったと主張した。 また会田雄次京都大学教授は「若い人が『おもろいなあ、おれもやったろか』というのを聞いた」として、こうした事件の流行には、乱暴男に対し見せしめが必要だと主張した。 また産経新聞が実施した世論調査では過半数はあの場面での狙撃は妥当とする調査結果を公表しているほか、朝日新聞は人質犯罪に対する刑罰の厳罰化と、人質事件を安易に映像作品に取り上げることを自主規制すべきとしたうえで、正当防衛であり仕方ないことであったとした。 一方、作家の佐賀潜は射殺は行き過ぎだとも主張していた。 一方、この射殺を前述の会田雄次がいうように「見せしめ」であるとして問題視するものも存在した。 これは前述のように「よど号ハイジャック事件」が発生したあと人質事件が1ヶ月で6件と続発しており、模倣した犯罪を抑止するものではないかという意見があった。 実際に自由人権協会北海道支部所属(2007年現在、自由人権協会には北海道支部は存在しない)の弁護士であった下坂浩介・入江五郎が、須藤本部長と狙撃手を「裁判によらない死刑だ」などと殺人罪等で広島地検へ告発[6]した。 なお、川藤の父親は中国新聞によれば、警察による息子射殺について「死んでくれてせめてもの償いができた。 警察に抗議するつもりはない」と語っていた。 この告発について前述の委員会の答弁の中で須藤本部長は「刑事訴訟法で認められた権利であり、検察庁の捜査を見守る」としたうえで不快感を表明した。 国会でもこの事件が取り上げられたが、5月16日の衆議院地方行政委員会で答弁した後藤田正晴警察庁長官(後の衆議院議員、法務大臣)は「銃器の使用は最後の最後の手段であるという点はこれまでと全く変わりない。 今回の事件により、若い警察官に誤解があっては困るので。 (中略)今回の場合は例外中の例外である」とし、事件は結果論として犯人を死亡させたものの、極めて特異な事例であったとした。 なお、広島地検は狙撃手の行為を警察官職務執行法第7条と刑法36条の正当防衛及び刑法35条正当行為として不起訴処分にした。 弁護士側は特別公務員暴行凌虐罪について広島地裁に付審判請求を行ったが、これも棄却された。 なお、一連の告発に対し広島県警は職務上やむを得ない判断である姿勢であったほか、日本弁護士連合会も緊急避難措置として妥当なものであるとした。 人質とされた乗客であるが、運行会社は落ち度はなかったとしながらも、乗船券を持っていた乗客に大人3万円、子供1万円の総額50万円の見舞金を支給し、巻き添えで乗客にされた15人には見舞い品を支給し、被害補償を行った。 この事件で警察側が殺人罪や特別公務員暴行凌虐罪で告訴されたことが、その後の人質事件において日本の警察が犯人射殺というオプションに対して慎重になっている原因としてマスコミが取り上げることがある。 1972年、連合赤軍の活動家が銃器で武装し人質をとって山荘内に立てこもったあさま山荘事件において警察は犯人を射殺せず全員逮捕した。 この事件に関しては、「連合赤軍「あさま山荘」事件」(文藝春秋発行、著者佐々淳行)によると、当時の警察庁長官である後藤田正晴が「犯人は全員生け捕りにせよ。 射殺すると殉教者になり今後も尾をひく」との考えから、機動隊は犯人の逮捕を前提に活動したとされている。 さらに、1990年代以降は、犯罪の凶悪化により警察官の受傷、殉職事案が増加したことに伴い、2001年に「警察官等けん銃使用及び取り扱い規範」が改定され、拳銃使用要件が明確化された。 これにより警察官の拳銃使用件数は、改定前に比べ増加した。 共犯Bは川藤と2人で逃亡中に、川藤から「みんなで銃を持って、宝石店や大きな商店などを狙おう。 警察が来ればあくまで撃ち合いだ。 警察には絶対捕まらない。 警官が1人でくれば逆に拳銃を奪ってやる」と聞かされていた。 松田優作の1978年のアルバム『Uターン』の中に、この事件を題材にした「あいつを撃つな 〜広島シージャック川藤に・・・」という曲がある。 ぷりんす号は、後にフィリピンの企業に売却され、観光船として使用されていることがテレビ番組による事件の追跡取材で判明した。

次の

西鉄バスジャック事件の犯人のその後/現在は【ネオ麦茶事件】

瀬戸内 シー ジャック 事件

1970年5月11日、本事件の主犯となる川藤展久(1949年生まれ、当時20歳)は、仲間の少年2人と共に福岡市内で乗用車を盗み、これに乗って広島方面に向かっていた。 しかし、同日午前12時20分ごろ、山口県厚狭郡山陽町(のちの山陽小野田市)の国道2号の検問で追い越し禁止区間で追越する交通違反をし停車命令され、盗難車を運転していたことが発覚し逮捕された。 3人はパトカーと盗難車に分乗して小野田警察署に連行されたが、盗難車に乗せられていた川藤と少年Aは、隠し持っていた猟銃を警察官に突きつけ、少年Aが警察官(当時43歳)の胸を刺し、全治2週間の怪我を負わせた。 少年Bはその場で拘束されたが、川藤と少年Aは逃走した。 逃走した2人は車を奪い宇部市まで逃走し、そこで服装を変えた。 川藤らは、当時国鉄広島駅前にあった広島中央郵便局(のちの広島東郵便局)を襲撃して金銭を得て大阪に向かおうと漠然と考え、土地勘のある広島市に山陽本線で向かった。 2人は広島駅のひとつ手前の横川駅で下車したが、非常線が既に張られていたため、身を隠すために山中に入った。 その日の夜は広島駅近くにある二葉山の仏舎利塔で野宿した。 5月12日昼ごろ、市民から山中で猟銃を持った2人組がいるとの通報を受け、直ちに警察官が急行したが、現場が住宅密集地であることから捜索が困難なものになった。 川藤は午後2時50分頃、国鉄芸備線の踏切にいるところをプロパンガス販売業の配達用軽トラックに便乗していた警察官(当時25歳)に発見された。 鉢合わせた警察官は威嚇発砲したが川藤は動じず、軽トラックの運転手(当時39歳)を猟銃で撃ち殺すと脅迫したため、警察官は軽トラックの荷台に拳銃と実弾を投げざるを得なかった。 なお、猟銃は薬莢が野宿の際に雨で濡れていたため発射不能であったという。 川藤は軽トラックの運転手を脅迫し市中心部に向かった。 なお、拳銃を奪われた警察官は近くに潜んでいた少年Aを発見し、格闘の上で逮捕した。 1人になった川藤は、午後4時ごろ広島県警察本部と目と鼻の先にある立町の銃砲店から、店員や客を休憩室に押し込めた上でライフル銃など3丁と弾丸80発、散弾250発を強奪し、タクシーで検問を突破し宇品港(広島港)に向かった。 川藤は待合室で銃を乱射しながら桟橋に向かい、船舶への乗船を阻止しようとした警戒中の警察官に発砲し負傷させ、そして停泊していた愛媛県今治市行きの瀬戸内海汽船所属の定期旅客船「ぷりんす号」に乗り込み、船長を「どこでもいいから大きな街に行け! 」と脅迫して午後5時15分に出航させた。 この時「ぷりんす号」に乗り込んでいた乗員9人と乗客37人が人質となったが、ぷりんす号の乗船券を持っていたのは18人で、残りの15人は見送り客など桟橋に居合わせていて巻き添えで乗客になった。 その後「ぷりんす号」は瀬戸内海で逃走を続けたが、ここでも川藤は傍若無人な振る舞いを続けた。 まず元宇品沖で広島県警の警備艇「こがね」の操舵室を狙撃し、同乗していた警部補の胸に貫通銃創の重傷を負わせた。 また偶然モーターボートで遊んでいた一般人2人を狙撃したほか、地元の中国新聞と中国放送 RCC がチャーターしたセスナ機を銃撃し、燃料タンクを貫通し燃料が漏れ出し、同機をあやうく墜落させかけた。 なお、この事態に対し、呉をはじめとする広島県沿岸各地に警察官が配置され、広島県警に在籍する警察官3,715人中1,256人が事件に動員されたほか、海上保安庁の巡視艇も警戒に当たった。 一連の追跡劇で動員された船舶は、広島県警警備艇5隻、チャーター船1隻、海上保安庁の15隻に上ったほか、海上自衛隊も県警の要請により掃海艇と支援艇を派遣し協力し、4号魚雷艇には警察官が乗船して追尾した。 また、近隣県警本部からの応援も含め、ヘリコプター多数も出動した。 警察庁は最悪の場合川藤の射殺をやむなしとして大阪府警察のライフル銃の狙撃手5人を海上自衛隊機で現場に派遣したほか、愛媛県警察も強行突入に備え催涙ガスを準備し、福岡県警察のライフル銃の狙撃手を待機させた。 なお、多くの報道各社の航空機も投入され、現場から生中継するなど報道合戦が繰り広げられたが、これは事件の前月に発生した「よど号ハイジャック事件」に近い規模であった。 「ぷりんす号」は愛媛県の松山観光港に午後9時40分に入港した。 その際川藤は、船長(当時43歳)を交渉役にして、代わりの船か給油をさせれば乗客を降ろすと要求した。 愛媛県警は代わりの船の要求には応じなかったが、給油は行った。 なお愛媛県警は給油時に係員に変装した警察官2人を船に乗せ、隙を見て犯人を取り押さえる計画を立てたが、川藤に「油をつんでも、人間はつむな」と要求されたことから断念した。 その後、乗客は全員解放されたが、乗員は解放されず、「ぷりんす号」は翌日午前0時50分に松山観光港を出発した。 「ぷりんす号」は一時来島海峡に向かい今治市沖に到達したあと針路を変え8時50分に宇品港に戻ってきた。 この時、川藤は逮捕された仲間を連れて来いと要求した。 また岡山県に住む父親(当時58歳)と姉は川藤に投降を呼びかけたが、彼はこれに応じずライフル銃を乱射し、警察官1人が撃たれて重傷を負い、強行偵察中の警察のヘリコプターも撃たれて墜落寸前となった。 一連の犯行で川藤の被疑容疑は刑法の殺人未遂罪、強盗罪、公務執行妨害罪、逮捕監禁罪、艦船損壊罪、器物損壊罪、強要罪のほか暴力行為等処罰に関する法律および航空法違反と多数であった。 また最終的に使用された散弾は64発、ライフル銃弾は50発であった。 船長はいったん船外に出て犯人の要求を伝えたが、同時に「犯人は警察隊と撃ち合いになって死にたい」と思っていることも伝えた。 また川藤が再び「ぷりんす号」を出航させる気でいることも判明した。 そのため広島県警はこれ以上の被害拡大を恐れ、須藤博忠県警本部長が現場で確認したうえで、場合によっては緊急避難措置として射殺も致し方ないとして発砲を許可した。 なお、県警本部長は後に「急所を外すように指示した」と語っている。 川藤は「どこでもいいから大きい町へ行け!」と命令、ぷりんす号は瀬戸内海の向う側にある松山港に向かった。 一方、事件を受けて広島県警は警官1000人を動員し、呉港など沿岸に配備。 また警備艇、巡視船、ヘリコプターなどが「ぷりんす号」を追跡開始。 川藤は接近する船に発砲を繰り返した。 船が松山観光港に近づくと、川藤は船長を通じて、人質の解放を条件に燃料を満載した船を要求した。 しかし、松山西署はこれを拒否し、ぷりんす号に補給をすることで、乗客を降ろさせることを提案し、川藤はこれをのんだ。 13日午前0時40分、33人の乗客全員と乗員4人が解放された。 船に残るのは船長以下7人の乗組員である。 ぷりんす号は再び出港した。 深夜の海上、父親が説得するも失敗に終わる。 午前8時50分、ぷりんす号は宇品港に戻ってきた。 川藤はすでに逮捕されたA、Bを連れてくることを要求し、ライフル銃で威嚇射撃を繰り返した。 発砲は説得を続けていた父親にも向けられた。 午前9時51分、船から約40m離れた防波堤の陰にいた大阪府警の狙撃隊員(当時41歳)が甲板にいた川藤を狙撃。 「死んでたまるか・・・・もういっぺん・・・」 倒れこんだ川藤がそう呟いたのを、傍にいた船長は聞いた。 銃弾は左胸に命中しており、搬送先の病院で11時25分に死亡した。 この犯人銃撃の様子はテレビで中継されていた。 父親は「親として、死んでくれてせめてもの償いができた。 警察に抗議するつもりはない」と語った。 シージャック事件自体、日本の犯罪史上初めてのことだったが、人質事件での犯人射殺も初のケースだった。 川藤の意図はもう分からないが、逃亡が続き、どこへ逃げて良いかわからなくなって、先に起こった「よど号事件」を思い出したものと見られる。 5月11日 午前0時10分。 山口県の国道の検問所で、川藤と少年2人が乗った自動車を追い越し違反で調べたところ、福岡県下で盗まれた車と判明。 連行中に川藤らは隠し持っていた猟銃を警官に突きつけ、ナイフで警官を刺し逃亡。 少年の1人が逮捕される。 5月12日 午前3時。 川藤らは広島市内で警官と遭遇。 猟銃を突きつけ、走ってきた軽自動車の運転手を人質にして抵抗。 警官からピストルを強奪し、人質を乗せたまま逃走。 その後残りの少年は逮捕される。 5月12日 午後3時40分。 広島市内の銃砲店に押し入り、ライフル・散弾銃・実弾380発を奪って逃走。 5月12日 午後5時10分。 タクシーで広島港に到着。 出向間際の旅客船ぷりんすを乗っ取り、乗客乗員44人を人質にとって出港。 5月12日 午後5時30分。 犯人の乗ったぷりんすに接近した警備艇がライフルの乱射を受け、乗っていた警官が重傷を負う。 5月12日 午後9時45分。 ぷりんすは松山観光港に接岸。 給油を条件に乗客37人を解放する。 5月13日 午前2時35分。 川藤の父親と姉が巡視船で近づきマイクで説得を試みるも、川藤は巡視船に向け発砲する。 5月13日 午前8時45分。 広島港に15時間ぶりに戻る。 5月13日 午前9時52分。 川藤がぷりんすに再び出向を命じた直後、狙撃隊のライフルが命中。 すぐさまパトカーで病院に搬送される。 5月13日 午前11時25分。 ライフルの弾は横隔膜を通って肝臓を貫通。 大動脈を切断しており、川藤は病院で死亡。 広島地方検察庁は、現場検証を行い一連の措置が武器使用条件を定めた警察官職務執行法第7条の「他に手段がないと信じるにたりる相当な理由」に該当していたかを捜査した。 また須藤広島県警察本部長は広島県議会警察商工委員会で「右腕をねらわせた弾丸が左胸にあたった」と答弁し、射殺まで意図はしていなかったとした。 この事件に対し世論の多くは、拡大適用される懸念があるものの、おおむねやむを得ない措置だったという意見であったという。 藤木英雄東京大学教授は「米国ケント州立大学でデモの学生4人が射殺されるように、濫用はしてはならないが、あくまで強力な銃器と弾を持っている場合には慎重にすべきであるが、(今回の事件については)やむを得ない処置であった」とした。 また植松正は「凶悪な人質犯罪では正当防衛として犯人射殺はやむを得ない」とした上で、無論犯人にも最小限の生存権があり尊重すべきであるが、もし躊躇して足を撃てばかえって逆上させるだけであり、一発で抵抗できなくすべきであったと主張した。 また会田雄次京都大学教授は「若い人が『おもろいなあ、おれもやったろか』というのを聞いた」として、こうした事件の流行には、乱暴男に対し見せしめが必要だと主張した。 また産経新聞が実施した世論調査では過半数はあの場面での狙撃は妥当とする調査結果を公表しているほか、朝日新聞は人質犯罪に対する刑罰の厳罰化と、人質事件を安易に映像作品に取り上げることを自主規制すべきとしたうえで、正当防衛であり仕方ないことであったとした。 一方、作家の佐賀潜は射殺は行き過ぎだとも主張していた。 一方、この射殺を前述の会田雄次がいうように「見せしめ」であるとして問題視するものも存在した。 これは前述のように「よど号ハイジャック事件」が発生したあと人質事件が1ヶ月で6件と続発しており、模倣犯を抑止するものではないかという意見があった。 実際に自由人権協会北海道支部所属(2007年現在、自由人権協会には北海道支部は存在しない)の弁護士が、須藤本部長と狙撃手を「裁判によらない死刑だ」などと殺人罪等で広島地検へ告発した。 なお、中国新聞によれば、Kの父親は警察による息子射殺について「死んでくれてせめてもの償いができた。 警察に抗議するつもりはない」と語っていた。 この告発について前述の委員会の答弁の中で須藤本部長は「刑事訴訟法で認められた権利であり、検察庁の捜査を見守る」としたうえで不快感を表明した。 国会でもこの事件が取り上げられたが、5月16日の衆議院地方行政委員会で答弁した後藤田正晴警察庁長官(のちの衆議院議員、法務大臣)は「銃器の使用は最後の最後の手段であるという点はこれまでと全く変わりない。 今回の事件により、若い警察官に誤解があっては困るので。 (中略)今回の場合は例外中の例外である」とし、事件は結果論として犯人を死亡させたものの、極めて特異な事例であったとした。 なお、広島地検は狙撃手の行為を警察官職務執行法第7条と刑法36条の正当防衛及び刑法35条正当行為として不起訴処分にした。 弁護士側は特別公務員暴行凌虐罪について広島地裁に付審判請求を行ったが、これも棄却された。 なお、一連の告発に対し広島県警は職務上やむを得ない判断である姿勢であったほか、日本弁護士連合会も緊急避難措置として妥当なものであるとした。 人質とされた乗客であるが、運行会社に落ち度はなかったとしながらも、乗船券を持っていた乗客に大人3万円、子供1万円の総額50万円の見舞金を支給し、巻き添えで乗客にされた15人には見舞い品を支給し、被害補償を行った。 この事件で警察側が殺人罪や特別公務員暴行凌虐罪で告訴されたことが、その後の人質事件において日本の警察が犯人射殺というオプションに対して慎重になっている原因としてマスコミが取り上げることがある。 1972年、連合赤軍の活動家が銃器で武装し人質をとって山荘内に立てこもったあさま山荘事件において警察は犯人を射殺せず全員逮捕した。 この事件に関しては、「連合赤軍「あさま山荘」事件」(文藝春秋発行、著者佐々淳行)によると、当時の警察庁長官である後藤田正晴が「犯人は全員生け捕りにせよ。 射殺すると殉教者になり今後も尾をひく」との考えから、機動隊は犯人の逮捕を前提に活動したとされている。 さらに、1990年代以降は、犯罪の凶悪化により警察官の受傷、殉職事案が増加したことに伴い、2001年に「警察官等けん銃使用及び取り扱い規範」が改定され、拳銃使用要件が明確化された。 これにより警察官の拳銃使用件数は、改定前に比べ増加した。

次の