ロック アプリ iphone。 iPhoneのアプリを個別ロックする2つの方法!特定のアプリを制限するやり方は?

Androidでアプリロックをかけるおすすめのアプリ7選をご紹介!

ロック アプリ iphone

iphone遠隔ロックを設定して万が一に備えよう! iPhoneを紛失してしまった時、iPhoneは遠隔でロックすることができるということをご存知でしたか? 万が一無くしてしまっても、iPhoneに含まれているデータを見られる事がない上に、ロック画面に任意のメッセージを表示させることができるので、拾った方が親切であれば手元に戻ってくる確率も高く、安心です。 今回は、iPhoneの遠隔ロックの方法と解除方法をまとめておきます。 事前に確認しておくこと。 iPhoneの遠隔ロックをする為には以下の3つの条件を満たしている必要があります。 以上の設定がされていない場合は、事前に設定されておくことをオススメします。 (iPhoneのロック画面に表示されます) 以上で紛失モードに設定されました。 次からは、反対にiPhone遠隔ロックを解除するにはどうしたら良いか、その方法をご説明していきます。 この機能はAppleが提供するサービスです。 au、softbank、docomoどのキャリアをご使用でも方法は同じになります。 もちろん無料のサービス! 普段使いでは位置情報サービスがオンになっていると不安なこともありますが、iPhoneを紛失するのが心配な方は、ぜひ参考にしてみてください。 万が一盗難に遭った場合にも役立ちます。

次の

iPhoneの特定アプリをロックする方法は?制限する方法も解説!

ロック アプリ iphone

iPhoneのパスコードを忘れてしまい、画面がロックされまま、使えなくなってしまった経験はありますか。 実は、万が一そうなってしまったでも、解決する方法があります。 今回はロックされたiPhoneを解除・復元する方法を紹介させていただきます。 目次:• iPhoneのパスコードを忘れてしまった時、iPhoneの画面ロックを解除する方法 あなたのiPhoneはちゃんとパスコードを設定し、ロックしましたか?ほとんどのスマホのパスコードは、4桁の数字もしくは複数の英数字によって構成されます。 きっと多くの人は、「これなら忘れない!」と自分に馴染みのある文字列をパスコードに設定していると思います。 でも、もし万が一パスコードを忘れてしまったら、どうすればiPhoneのロックを解除できるのかと疑問を抱いている方も少なくないと思います。 iPhoneのでパスコードの入力を6回間違えると、iPhoneが1分間操作不能になります。 その後また間違えると、今度は5分間操作不能になってしまいます。 このように、パスコードを間違える度に操作不能になる時間がどんどん長くなり、連続11回間違えると、iPhoneは完全にロックされてしまい、すべての操作ができなくなってしまいます。 こうなってしまった場合は、もうiPhoneの画面ロックが解除できなくなり、どうすればいいかと迷ってしまう方が多いですが、 実はiPhoneのロック画面を解除するにはまだいくつかの方法があります。 iPhoneの画面ロックを解除する方法 方法1:iTunesでiPhoneの画面ロックを解除 一つ目の方法はiTunesを利用してiPhoneの画面ロックを解除することです。 事前にバックアップをとっていれば、この方法で簡単にロックを解除できます。 まず、パソコンでiTunesを起動し、iPhoneをUSBケーブルでパソコンに接続します。 iTunesがiPhoneを認識できたら、画面左上のiPhoneマークから『概要』をクリックし、『バックアップ』欄が現れるまで右画面をスクロールします。 次に、『バックアップを復元』をクリックし、先程作ったバックアップファイルを復元のために選択します。 これでiPhoneをロック画面から解除することができます。 しかし、前述のように、この方法を使うには、事前にバックアップを取っておく必要があります。 万が一の事態に備え、iPhoneのバックアップはこまめに取ることをオススメします。 実は、バックアップを取る&復元するだけなら、iTunesよりも使いやすいソフトがあります。 それは、「」というソフトです。 欧米ではすでに一定の知名度を持っているので安心して使えます。 画面が見やすく、操作難易度も低いので、iTunesにまだ慣れていない方にはオススメです。 方法2:『iPhoneを探す』を使ってiPhoneの画面ロックを解除 この方法を使うためには、 バックアップファイルと他のiOSデバイスが必須となります。 まず、ロックが解除出来なくなったiPhone以外のiOSデバイスに『iPhoneを探す』というアプリをダウンロードします。 次に、アプリにAppleIDとパスコードを入力してログインします。 すると、画面上にログインしたAppleIDと紐付けされているデバイスが表示されます。 ここからロックが解除出来なくなったデバイス名をタップし、続けて『アクション』をタップします。 すると、画面右下に『iPhoneを消去』という項目が表示されますので、これをタップしてiPhoneを初期化します。 このあとは、バックアップファイルを初期化したiPhoneに適用して復元すればOKです。 また、iTunesでの復元がうまくいかず、『iPhoneを探す』というアプリでiPhoneを初期化できなかった場合は、iPhoneを強制的にリカバリーモードにし、復元するという方法もあります。 まず、Phoneの電源をオフにし、ホームボタンを押したまま、デバイスをUSBケーブルでiTunesに接続します。 この時、ホームボタンを離さないでください。 『iTunesに接続』画面が表示されるまで押したままにしましょう。 iTunesに接続してもデバイスに電源が入らない場合は、ホームボタンを押したまま電源を入れます。 iTunesがiPhoneを正確に認識できたら、iTunesの画面に『iTunes はリカバリモードの [デバイス] を見つけました』というポップアップメッセージが表示されるはずです。 ここで『OK』をクリックするとiTunesがiPhoneの初期化はできるようになります。 ステップ1.「Dr. Fone」を起動して、画面のロックを解除したいiPhoneを接続します。 まずは、』を起動して、メイン画面の「ロック解除」機能をクリックします。 次は表示された画面から「iOSロック解除」を選択します 次は、画面ロックされたiPhoneをパソコンに接続して、「開始」ボタンをクリックします。 iPhoneのロック画面を解除する前に、リカバリー(DFU)モードで起動する必要があります。 以下手順を従い、iPhoneデバイスをリカバリー(DFU)モードに設定してください。 その他のAppleデバイスをリカバリーモードにする場合 1:デバイスを接続して、「開始」ボタンをクリックしてください。 2:「電源ボタン」と「ホームボタン」を同時に長く押してください。 3:電源ボタンを外して、ホームボタンを押してください。 2:「電源ボタン」と「ボリュームダウンボタン」を同時に長く押してください。 3:「電源ボタン」から指を離して、「ボリュームダウンボタン」を長押してください。 2:ボリュームアップ・ボリュームダウンボタンを一回ずつ押してください。 ステップ2.画面がロックされたiPhoneのフォームウェアーをダウンロードします。 ロックされたiPhoneの機種、モデル、OSバージョンを設定し、「ダウンロード」ボタンをクリックしてください。 ダウンロードが始まります。 ステップ3.iPhoneの画面ロックを解除します。 画面ロックを解除すれば、すべてのデータは削除されるので、最終確認をするために、六つの「0」を入力してください。 そうすると「Dr. Fone」はロックされたiPhoneをアンロックしてくれます。 画面ロックを解除する処理は数分かかる場合があります。 終了までしばらく待ちましょう。 これで、』を利用して、iPhoneの画面ロックを解除する操作はすべて完了となります。 「Dr. Fone-iPhone画面ロック解除」の詳しい使い方は以下動画をご覧ください。 Foneを使えば画面ロックが解除されたiPhoneのデータを復元できる! iPhoneの画面ロックが解除された3つの方法を紹介してまいりましたが、共通点としては、『どれも必ずiTunesもしくはiCloudで作成したバックアップファイルが必要』ということでした。 バックアップを先に取っておかないと、iPhoneを初期化せざるを得なく、データが全部消えてしまいます。 自分は果たしてバックアップを取ったかどうかがわからないという方もいるかと思いますので、そんな時に、、を使ってみましょう。 Foneを使えば、iPhoneを復元できるバックアップファイルがあるかどうかを確認できます。 それでは、「iTunesバックアップファイルから復元」というモードを利用して、画面ロックが解除されたiPhoneのデータを復元する方法を紹介します。 まずは画面ロックが解除されたiPhoneからデータを復元できるソフトWondershareの をパソコンにダウンロードしましょう。 ステップ1: をインストール インストールが完了したらソフトを起動します。 その後、USBケーブルでパソコンと画面ロックが解除されたiPhoneを接続します。 ステップ2:画面ロックが解除されたiPhoneのデータをスキャン 製品メニューの「復元」、「iTunesバックアップファイルから復元」をクリックして、復元したいデータのバックアップファイルを選択して、「スキャン開始」をクリックします。 すると、ロックされたiPhoneのデータをスキャンし始めます。 ステップ3:画面ロックが解除されたiPhoneのデータを復元 スキャンが終了後、画面ロックが解除されたiPhoneのデータがプレビュー表示ができます。 後は復元したいデータを選択して、復元ができます。 なら、iPhoneの消えてしまったデータを完全に復元することができます。 ぜひお試しください。 まとめ iPhoneのロックを解除する方法と、データを復元する方法を紹介してまいりましたが、いかがでしたでしょうか。 は、想像を超えた便利なツールであり、しかも有料機能につきましては、「 支払いする前に効果をプレビューできる」、「 問題が解決できなければ返金に対応する」などの特徴があるので、ダウンロードしておくと、いざという時に役に立ててくれるはずです。 ぜひダウンロードして、その強力な機能を体験してみてください。

次の

iPhoneアプリをロックする裏技紹介!一括・個別ロックに対応!

ロック アプリ iphone

iPhoneのパスコードを忘れてしまい、画面がロックされまま、使えなくなってしまった経験はありますか。 実は、万が一そうなってしまったでも、解決する方法があります。 今回はロックされたiPhoneを解除・復元する方法を紹介させていただきます。 目次:• iPhoneのパスコードを忘れてしまった時、iPhoneの画面ロックを解除する方法 あなたのiPhoneはちゃんとパスコードを設定し、ロックしましたか?ほとんどのスマホのパスコードは、4桁の数字もしくは複数の英数字によって構成されます。 きっと多くの人は、「これなら忘れない!」と自分に馴染みのある文字列をパスコードに設定していると思います。 でも、もし万が一パスコードを忘れてしまったら、どうすればiPhoneのロックを解除できるのかと疑問を抱いている方も少なくないと思います。 iPhoneのでパスコードの入力を6回間違えると、iPhoneが1分間操作不能になります。 その後また間違えると、今度は5分間操作不能になってしまいます。 このように、パスコードを間違える度に操作不能になる時間がどんどん長くなり、連続11回間違えると、iPhoneは完全にロックされてしまい、すべての操作ができなくなってしまいます。 こうなってしまった場合は、もうiPhoneの画面ロックが解除できなくなり、どうすればいいかと迷ってしまう方が多いですが、 実はiPhoneのロック画面を解除するにはまだいくつかの方法があります。 iPhoneの画面ロックを解除する方法 方法1:iTunesでiPhoneの画面ロックを解除 一つ目の方法はiTunesを利用してiPhoneの画面ロックを解除することです。 事前にバックアップをとっていれば、この方法で簡単にロックを解除できます。 まず、パソコンでiTunesを起動し、iPhoneをUSBケーブルでパソコンに接続します。 iTunesがiPhoneを認識できたら、画面左上のiPhoneマークから『概要』をクリックし、『バックアップ』欄が現れるまで右画面をスクロールします。 次に、『バックアップを復元』をクリックし、先程作ったバックアップファイルを復元のために選択します。 これでiPhoneをロック画面から解除することができます。 しかし、前述のように、この方法を使うには、事前にバックアップを取っておく必要があります。 万が一の事態に備え、iPhoneのバックアップはこまめに取ることをオススメします。 実は、バックアップを取る&復元するだけなら、iTunesよりも使いやすいソフトがあります。 それは、「」というソフトです。 欧米ではすでに一定の知名度を持っているので安心して使えます。 画面が見やすく、操作難易度も低いので、iTunesにまだ慣れていない方にはオススメです。 方法2:『iPhoneを探す』を使ってiPhoneの画面ロックを解除 この方法を使うためには、 バックアップファイルと他のiOSデバイスが必須となります。 まず、ロックが解除出来なくなったiPhone以外のiOSデバイスに『iPhoneを探す』というアプリをダウンロードします。 次に、アプリにAppleIDとパスコードを入力してログインします。 すると、画面上にログインしたAppleIDと紐付けされているデバイスが表示されます。 ここからロックが解除出来なくなったデバイス名をタップし、続けて『アクション』をタップします。 すると、画面右下に『iPhoneを消去』という項目が表示されますので、これをタップしてiPhoneを初期化します。 このあとは、バックアップファイルを初期化したiPhoneに適用して復元すればOKです。 また、iTunesでの復元がうまくいかず、『iPhoneを探す』というアプリでiPhoneを初期化できなかった場合は、iPhoneを強制的にリカバリーモードにし、復元するという方法もあります。 まず、Phoneの電源をオフにし、ホームボタンを押したまま、デバイスをUSBケーブルでiTunesに接続します。 この時、ホームボタンを離さないでください。 『iTunesに接続』画面が表示されるまで押したままにしましょう。 iTunesに接続してもデバイスに電源が入らない場合は、ホームボタンを押したまま電源を入れます。 iTunesがiPhoneを正確に認識できたら、iTunesの画面に『iTunes はリカバリモードの [デバイス] を見つけました』というポップアップメッセージが表示されるはずです。 ここで『OK』をクリックするとiTunesがiPhoneの初期化はできるようになります。 ステップ1.「Dr. Fone」を起動して、画面のロックを解除したいiPhoneを接続します。 まずは、』を起動して、メイン画面の「ロック解除」機能をクリックします。 次は表示された画面から「iOSロック解除」を選択します 次は、画面ロックされたiPhoneをパソコンに接続して、「開始」ボタンをクリックします。 iPhoneのロック画面を解除する前に、リカバリー(DFU)モードで起動する必要があります。 以下手順を従い、iPhoneデバイスをリカバリー(DFU)モードに設定してください。 その他のAppleデバイスをリカバリーモードにする場合 1:デバイスを接続して、「開始」ボタンをクリックしてください。 2:「電源ボタン」と「ホームボタン」を同時に長く押してください。 3:電源ボタンを外して、ホームボタンを押してください。 2:「電源ボタン」と「ボリュームダウンボタン」を同時に長く押してください。 3:「電源ボタン」から指を離して、「ボリュームダウンボタン」を長押してください。 2:ボリュームアップ・ボリュームダウンボタンを一回ずつ押してください。 ステップ2.画面がロックされたiPhoneのフォームウェアーをダウンロードします。 ロックされたiPhoneの機種、モデル、OSバージョンを設定し、「ダウンロード」ボタンをクリックしてください。 ダウンロードが始まります。 ステップ3.iPhoneの画面ロックを解除します。 画面ロックを解除すれば、すべてのデータは削除されるので、最終確認をするために、六つの「0」を入力してください。 そうすると「Dr. Fone」はロックされたiPhoneをアンロックしてくれます。 画面ロックを解除する処理は数分かかる場合があります。 終了までしばらく待ちましょう。 これで、』を利用して、iPhoneの画面ロックを解除する操作はすべて完了となります。 「Dr. Fone-iPhone画面ロック解除」の詳しい使い方は以下動画をご覧ください。 Foneを使えば画面ロックが解除されたiPhoneのデータを復元できる! iPhoneの画面ロックが解除された3つの方法を紹介してまいりましたが、共通点としては、『どれも必ずiTunesもしくはiCloudで作成したバックアップファイルが必要』ということでした。 バックアップを先に取っておかないと、iPhoneを初期化せざるを得なく、データが全部消えてしまいます。 自分は果たしてバックアップを取ったかどうかがわからないという方もいるかと思いますので、そんな時に、、を使ってみましょう。 Foneを使えば、iPhoneを復元できるバックアップファイルがあるかどうかを確認できます。 それでは、「iTunesバックアップファイルから復元」というモードを利用して、画面ロックが解除されたiPhoneのデータを復元する方法を紹介します。 まずは画面ロックが解除されたiPhoneからデータを復元できるソフトWondershareの をパソコンにダウンロードしましょう。 ステップ1: をインストール インストールが完了したらソフトを起動します。 その後、USBケーブルでパソコンと画面ロックが解除されたiPhoneを接続します。 ステップ2:画面ロックが解除されたiPhoneのデータをスキャン 製品メニューの「復元」、「iTunesバックアップファイルから復元」をクリックして、復元したいデータのバックアップファイルを選択して、「スキャン開始」をクリックします。 すると、ロックされたiPhoneのデータをスキャンし始めます。 ステップ3:画面ロックが解除されたiPhoneのデータを復元 スキャンが終了後、画面ロックが解除されたiPhoneのデータがプレビュー表示ができます。 後は復元したいデータを選択して、復元ができます。 なら、iPhoneの消えてしまったデータを完全に復元することができます。 ぜひお試しください。 まとめ iPhoneのロックを解除する方法と、データを復元する方法を紹介してまいりましたが、いかがでしたでしょうか。 は、想像を超えた便利なツールであり、しかも有料機能につきましては、「 支払いする前に効果をプレビューできる」、「 問題が解決できなければ返金に対応する」などの特徴があるので、ダウンロードしておくと、いざという時に役に立ててくれるはずです。 ぜひダウンロードして、その強力な機能を体験してみてください。

次の