うた よりいち。 継国縁壱(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ (2/2)

【鬼滅の刃】縁壱の妻が判明!!鬼狩りになった理由も!!

うた よりいち

概要 の 最愛の妻。 出会ったのはまだ二人が少年少女だった頃で、実家を出奔した縁壱が家を出て山を越えていった翌日のことだった。 当時うたは流行病で両親を亡くしたばかりで、天涯孤独になってしまっていた。 そこに現れた縁壱とお互い惹かれあい、うたは彼を自宅に招き入れ一緒に暮らすことになる。 容姿は「黒曜石のような瞳」と縁壱に評されており、本来は明るい性格でよく喋る。 彼女との暮らしで、縁壱は自分と世間の人の違いを知ることになり、同時に彼女を深く愛していった。 出会って10年後、大人になった二人は 正式な夫婦となり、間もなくうたは子供を授かる。 臨月を迎えていたある日、縁壱が産婆を呼ぼうと家を空けていた間に彼女はお腹の子ごと鬼に襲われ殺されてしまった。 ささやかな家族の幸せを目の前にしていた縁壱の衝撃は大きく、彼女の遺体を抱いて10日もの間茫然自失となっていた。 そこに鬼を追ってやってきた剣士が供養するようにと諭したことでやっと縁壱は我に帰り、彼女を弔って鬼狩りとなった。 その後も縁壱は生涯でうただけを愛していた。 関連イラスト.

次の

縁壱の妻うたさんと子供が殺された過去!無惨を宿命の敵と心に決める

うた よりいち

炭治郎(たんじろう)はこの時まだ気づいていないのですが、自分そっくりな先祖である 炭吉(すみよし)の姿を見てこれが自分であると「走馬灯をみているのか?」と錯覚しているようです。 ここで、足元にいた赤子(すみれ)に「とーたん」と呼ばれ、自分ではないことに気付き始めます。 赤子(すみれ)が指さす方向を見るとそこには 継圀緑壱(つぎくに よりいち)が静かに立っています。 すぐに目の前の男が始まりの呼吸の剣士である 継圀緑壱(つぎくに よりいち)だということに気付きます。 そこで、場面は現実世界へと描写がもどり、鬼殺隊の隊士である 村田(むらた)さんが賢明に 炭治郎(たんじろう)を介護している場面へとうつります。 このとき村田(むらた)さんは自分の呼吸が激しいせいで、 炭治郎(たんじろう)の鼓動が動いているのか判断が出来ません。 そこへ他の鬼殺隊の隊士に瓦礫の下に下敷きになってしまっていた 愈史郎(ゆしろう)を先に助けろと言われてしまい、 炭治郎(たんじろう)の救助を後回しにしてしまいます・・・ ここで私は先に 炭治郎(たんじろう)を助けてあげてぇ!と思ってしまったのですが、 ふと、今このタイミングで 炭治郎(たんじろう)を目覚めさせてしまうと今 炭治郎(たんじろう)が見ている『記憶の遺伝』が途中で終わってしまい、肝心の『ヒノカミ神楽』の13の型についてふれることが出来なくなってしまうので、なるほど!と思いました。 その後場面は『記憶の遺伝』の話に戻ります。 継圀緑壱(つぎくに よりいち)は炭吉家には話をする相手を探し訪れたと語り始めます。 話す相手を考え思い浮かんだのが 炭吉(すみよし)だったと、 そこで 炭治郎(たんじろう)はかねてから知りたかった、自身が唯一未体得の技 『ヒノカミ神楽』の 13の型のことについて聞きたい衝動にかられます。 ですが、思ったように話や行動ができないことに気が付きます。 そこで・・・ ここで初めて 炭治郎(たんじろう)はこれが 『記憶の遺伝』であることに気が付きます。 そして、 緑壱(よりいち)は炭吉(すみよし)達が幸せそうで嬉しく思うこと、幸せそうな人間を見ると幸せな気持ちになると伝えます。 その後、 緑壱(よりいち)は自分の過去の話を語り始めます。 母との思いで、耳が不自由だった自分にお守りの耳飾りを作ってくれたこと、兄との思いで話、母が病死した後すぐに家を出たが出家するように言われていたが結局寺には向かわなかった話などなどを語った後に山の中のたんぼでぽつんと1人で立っていた少女の話になります。 その少女は家族を流行り病ですべてなくし、1人だけ残り寂しいことを伝えてきました。 その絶望の中で、鬼に対する憎悪をふくらましていきます。 緑壱(よりいち)は優秀だった彼らに自分が使っている呼吸の方法を教え鬼狩りとなっていきます。 その後・・・ 運命的とも呼べる人物(鬼)と出会います。 このころから鬼だったのですね。 なにか今後も 雅世(まさよ)がからんだ展開が増えそうな気がしてきました。 本編紹介中にも少しふれましたが、 炭治郎(たんじろう)を救おうとしていた 村田(むらた)さんに向かって、先に 愈史郎(ゆしろう)を助けるように言った鬼殺隊の隊士はナイスだったと思います。 そして、肝心の『記憶の遺伝』についてはなにかしらの新しい展開を見せると思います。 『鬼滅の刃 きめつやいば 』で渋谷駅周辺が大変なことに! もう一つ今回の記事でとりあげたいこととは・・・ ご存じの方も多いと思いますが、まだ知らなかった!という方々のために 『鬼滅の刃』(きめつのやいば)シリーズ2500万部突破&単行本最新刊18巻が初版100万部突破を記念して、『これは、日本一慈(やさ)しい鬼退治』キャンペーンが開催されているようです!! その内容がこちら! 渋谷センター街のウェンディーズの2回部分にでかでかと鬼滅の刃キャンペーンの看板が! 炭治郎の看板の横にもずらっと! そして、この看板の真後ろにも こんな感じでいたるところに鬼滅の刃のキャンペーンの看板があります。 109の横には・・・ センター街には他にも・・・ そしてそして、劇場版鬼滅の刃の公開が決定した今、あの人も! 響寿郎はBunkamuraの反対側にいます! 気になったので調べてみたところ、12月2日から東京、大阪、名古屋、福岡の主要駅周辺でご覧のキャンペーン看板が見れるようです。 他にも柱達の看板がありましたので、興味がある方、近くまで来た方は立ち寄って探してみてはいかがでしょうか!? それにしても『鬼滅の刃』劇場版の公開も決まり絶好調ですよね、人気なのもよくわかります!面白いですよね!!! それでは今回はこの辺で! ご視聴ありがとうございました!!

次の

【速報】鬼滅の刃(きめつのやいば)最新話187話どこよりも早い考察&186話ネタバレ感想!渋谷の巨大看板についても!

うた よりいち

炭治郎(たんじろう)はこの時まだ気づいていないのですが、自分そっくりな先祖である 炭吉(すみよし)の姿を見てこれが自分であると「走馬灯をみているのか?」と錯覚しているようです。 ここで、足元にいた赤子(すみれ)に「とーたん」と呼ばれ、自分ではないことに気付き始めます。 赤子(すみれ)が指さす方向を見るとそこには 継圀緑壱(つぎくに よりいち)が静かに立っています。 すぐに目の前の男が始まりの呼吸の剣士である 継圀緑壱(つぎくに よりいち)だということに気付きます。 そこで、場面は現実世界へと描写がもどり、鬼殺隊の隊士である 村田(むらた)さんが賢明に 炭治郎(たんじろう)を介護している場面へとうつります。 このとき村田(むらた)さんは自分の呼吸が激しいせいで、 炭治郎(たんじろう)の鼓動が動いているのか判断が出来ません。 そこへ他の鬼殺隊の隊士に瓦礫の下に下敷きになってしまっていた 愈史郎(ゆしろう)を先に助けろと言われてしまい、 炭治郎(たんじろう)の救助を後回しにしてしまいます・・・ ここで私は先に 炭治郎(たんじろう)を助けてあげてぇ!と思ってしまったのですが、 ふと、今このタイミングで 炭治郎(たんじろう)を目覚めさせてしまうと今 炭治郎(たんじろう)が見ている『記憶の遺伝』が途中で終わってしまい、肝心の『ヒノカミ神楽』の13の型についてふれることが出来なくなってしまうので、なるほど!と思いました。 その後場面は『記憶の遺伝』の話に戻ります。 継圀緑壱(つぎくに よりいち)は炭吉家には話をする相手を探し訪れたと語り始めます。 話す相手を考え思い浮かんだのが 炭吉(すみよし)だったと、 そこで 炭治郎(たんじろう)はかねてから知りたかった、自身が唯一未体得の技 『ヒノカミ神楽』の 13の型のことについて聞きたい衝動にかられます。 ですが、思ったように話や行動ができないことに気が付きます。 そこで・・・ ここで初めて 炭治郎(たんじろう)はこれが 『記憶の遺伝』であることに気が付きます。 そして、 緑壱(よりいち)は炭吉(すみよし)達が幸せそうで嬉しく思うこと、幸せそうな人間を見ると幸せな気持ちになると伝えます。 その後、 緑壱(よりいち)は自分の過去の話を語り始めます。 母との思いで、耳が不自由だった自分にお守りの耳飾りを作ってくれたこと、兄との思いで話、母が病死した後すぐに家を出たが出家するように言われていたが結局寺には向かわなかった話などなどを語った後に山の中のたんぼでぽつんと1人で立っていた少女の話になります。 その少女は家族を流行り病ですべてなくし、1人だけ残り寂しいことを伝えてきました。 その絶望の中で、鬼に対する憎悪をふくらましていきます。 緑壱(よりいち)は優秀だった彼らに自分が使っている呼吸の方法を教え鬼狩りとなっていきます。 その後・・・ 運命的とも呼べる人物(鬼)と出会います。 このころから鬼だったのですね。 なにか今後も 雅世(まさよ)がからんだ展開が増えそうな気がしてきました。 本編紹介中にも少しふれましたが、 炭治郎(たんじろう)を救おうとしていた 村田(むらた)さんに向かって、先に 愈史郎(ゆしろう)を助けるように言った鬼殺隊の隊士はナイスだったと思います。 そして、肝心の『記憶の遺伝』についてはなにかしらの新しい展開を見せると思います。 『鬼滅の刃 きめつやいば 』で渋谷駅周辺が大変なことに! もう一つ今回の記事でとりあげたいこととは・・・ ご存じの方も多いと思いますが、まだ知らなかった!という方々のために 『鬼滅の刃』(きめつのやいば)シリーズ2500万部突破&単行本最新刊18巻が初版100万部突破を記念して、『これは、日本一慈(やさ)しい鬼退治』キャンペーンが開催されているようです!! その内容がこちら! 渋谷センター街のウェンディーズの2回部分にでかでかと鬼滅の刃キャンペーンの看板が! 炭治郎の看板の横にもずらっと! そして、この看板の真後ろにも こんな感じでいたるところに鬼滅の刃のキャンペーンの看板があります。 109の横には・・・ センター街には他にも・・・ そしてそして、劇場版鬼滅の刃の公開が決定した今、あの人も! 響寿郎はBunkamuraの反対側にいます! 気になったので調べてみたところ、12月2日から東京、大阪、名古屋、福岡の主要駅周辺でご覧のキャンペーン看板が見れるようです。 他にも柱達の看板がありましたので、興味がある方、近くまで来た方は立ち寄って探してみてはいかがでしょうか!? それにしても『鬼滅の刃』劇場版の公開も決まり絶好調ですよね、人気なのもよくわかります!面白いですよね!!! それでは今回はこの辺で! ご視聴ありがとうございました!!

次の