常磐 自動車 道 渋滞 情報 リアルタイム。 常磐自動車道の情報INDEX:リアルタイム交通情報、渋滞予測、工事規制、ルート検索、SA/PA情報等

渋滞を回避する!2020年高速道路渋滞情報&渋滞情報システム最新まとめ

常磐 自動車 道 渋滞 情報 リアルタイム

この記事の目次• 高速道路の渋滞情報 NEXCO ライブカメラ (引用:) 最新の情報はこちら 「中日本」と記載があるのは、NEXCO中日本が提供している情報だからです。 ですが、 全国の情報が記載されていますのでご安心下さい。 ライブカメラは、実際の道路の積雪の状態を確認する事が出来るのでとても有難いですね。 雪が降る季節は、外出前に道の状態を目で確認してから出発するとより安心ですね。 新幹線・電車・バス情報・駅すぱあと 各種、交通機関の情報を確認しましょう。 首都高速の情報 ライブカメラ 最新の情報はこちら (首都高速の渋滞しやすい箇所) 1、 両国JCT付近 2、竹橋JCT付近 3、浜崎橋JCT付近 4、大橋JCT付近 5、箱﨑JCT付近 6、江戸橋JCT付近 7、一ノ橋JCT付近 8、板橋JCT付近 9、堀切JCT付近 10、谷町JCT付近 11、熊野町JCT付近 12、小菅JCT付近 13、加平付近 14、江北JCT付近 15、西新宿JCT付近 16、高井戸付近 17、東京港トンネル付近 18、永福本線料金所付近 19、志村本線料金所付近 20、用賀本線料金所付近 21、鹿浜橋付近 22、葛西JCT付近 23、三宅坂JCT付近 24、舞浜付近 25、狩場IC付近 ( 関越自動車道の渋滞しやすい箇所) 26、大泉JCT付近 (東京外環道の渋滞しやすい箇所) 27、美女木JCT付近 28、川口JCT付近 29、和光付近 30、三郷JCT付近 高速道路の料金検索 平日朝夕割引・休日割引・深夜割引・大口多頻度割引・障害者割引などいろいろな割引がありますので、 割引が適応される条件をチェックしてお得に高速道路を利用しましょう。 雪道情報 【全国対応】 2018年2月に記録的な大雪で福井県内で積雪が130センチを記録しました。 この大雪は37年ぶりという事で、福井県内の道路では、20㎞に渡り1500台の車が立ち往生しました。 短時間の間で雪が降り積もる事もあるので、冬の道路情報はこまめにチェックした方が良さそうですね。 国土交通省の雪道情報です。 一般道路 交通情報 (交通情報電話番号一覧) 最新の情報はこちら (道路交通情報 電話番号) (引用:) 上記の電話番号に電話をすると、道路交通に関する質問をすることができます。 「渋滞の少ない時間帯」や「道路工事の予定」などの確認もすることができるので大変便利です。 一人一人が、情報を得る事で事故や渋滞が防げるのであれば是非活用して安全なドライブをしたいですね。

次の

東北自動車道の情報INDEX:リアルタイム交通情報、ライブカメラ、渋滞予測、工事規制、ルート検索、SA/PA情報等

常磐 自動車 道 渋滞 情報 リアルタイム

全線開通による効果と期待 首都圏と仙台圏を結ぶ常磐道と東北自動車道(以下東北道)の距離はほぼ等距離であり、この開通により、東北道とのダブルネットワークが完成することになる。 常磐道は東北道よりも降雪が少ないため、冬期間は安定的な交通が確保され、さらに東北道に事故・災害・異常気象等が発生した際にも、磐越自動車道や北関東自動車道とともに代替ルートが確保されることになる。 いわき〜仙台間については、全線開通前に海沿いの国道6号線を通行した時よりも約30分の短縮、いわき〜相馬間は、震災以降内陸部への迂回を余儀なくされていた時よりも約60分短縮される。 また、常磐道が津波浸水区域よりも高台を通過することによる緊急時の「命の道」としての機能、浜通り北部の相馬地域、双葉地域への企業立地、周辺観光地への利便性向上と観光による地域活性化、復興推進事業のさらなる加速などに大きな期待が寄せられている。 話題の店舗やその場でしか味わえないグルメなどを取り揃え、バラエティ豊かなサービスを提供する道ナカ商業施設「Pasar(パサール)」。 2015年7月1日にオープンした、茨城県の入り口に位置する「Pasar守谷(下り線)」は、東京から茨城、福島、そして宮城へ向かう常磐自動車道下り線最初のサービスエリアだ。 一方、2014年3月に先立ってオープンした「Pasar守谷(上り線)」は、東京に入る前の茨城県最後のサービスエリア。 なかでも、贅沢な茨城県産の食材を使用してイタリアンフルコースで提供する『茨城イタリアン フルコース ファンタジーな料理の世界』(2,980円)は、2016年1月に行われた「SA・PA メニューコンテスト全国大会」では見事準グランプリに輝いたという逸品なので、ぜひ味わってみたい。 また上り線では、首都直下地震などの広域災害が発生した際の防災拠点となるように、自家発電設備や太陽光パネル、井戸などが整備されている。 NEXCO東日本が主催する「NEXCO東日本 どんぶり王座決定戦!」とは、各SAPAで地域の味を楽しんでもらうことを目的として開催、各フードコートが開発した『どら丼』(道楽丼:ドライブ(道)の途中で楽しめる、地元食材を使用したそのエリアならではのプレミアム丼)の頂点を決めるグルメコンテストだ。 「肉も食べたいけど、魚も食べたい! 」「いろんなものをちょっとずつ…」、そんな声から生まれたどんぶりで、常陸牛の焼肉丼、久慈浜丸の釜揚げしらす丼、韓国風ピリ辛味の小美玉にら丼の3つの味を楽しめる。 常磐道のドライブ旅行の思い出にぜひとも立ち寄って、どら丼を味わってみては!? ピックアップ特集• 関連特集•

次の

東北道の渋滞 2019年のお盆期間 下りの渋滞を回避するなら?出発はいつ?|趣みつけぶろぐ

常磐 自動車 道 渋滞 情報 リアルタイム

東北道の渋滞 2019年お盆はいつから? 普段の東北道は、めったに渋滞などすることはありません。 ですが、GWやお盆期間などの大型連休の場合は、帰省ラッシュの影響で、ひどい時だと渋滞40キロになったりする場合があります。 自然渋滞の渋滞40キロなら、2時間ほどで通過できますが、これが事故渋滞だったら大変です。 事故処理が終わるまでは、車は動けないので、2時間で済まない場合もあります。 このように、渋滞に巻き込まれてしまうと、せっかくの帰省も最初から疲れてしまいますので、渋滞に巻き込まれないように、計画を立てるのが大事です。 2019年のお盆期間は、最大で9連休になると予想されています。 ですが、通常よりも車も多く、パーキングなども混雑しています。 普段、あまり運転をしないなら、深夜の運転は危険です。 特に東北道は、道を照らす外灯がほぼついておらず、とても真っ暗な印象です。 前の車や、車のライトを頼りに走るという感じなので、とても疲れます。 東北道下り 渋滞ポイントはどこ? 東北道下りの渋滞ポイントは決まっています。 有名なSAなどはもちろんですが、IC付近などいくつか渋滞ポイントがありますので、事前にチェックしておいてください。 東北道下り渋滞ポイントは久喜IC付近、羽生パーキングエリア、上高地SA付近、安達太良SA、三本木PA、一関IC付近になります。 自然渋滞は、ある程度回避できますが、事故渋滞を回避するのはなかなか難しいです。 渋滞ポイントでは、事故の起きる確率も高くなりますので、渋滞ポイントの前でトイレなどを済ませておくといいです。 万が一、事故渋滞に巻き込まれてしまうと、いつ車が動き出すかわかりませんので、トイレに行けないなんてこともあります。 そうならないように、トイレ休憩はこまめに取ってくださいね。 東北道の渋滞情報をリアルタイムで見れるサイトは? 渋滞情報を見れるサイトはたくさんあるんですけど、その多くは、普段から車を運転していないと、よくわからないサイトが多いんですよね。 例えば、東北道が渋滞していたら、常磐道を使うなどと、渋滞回避をする別のルートもあるのですが、今どこにいて、どこのICで降りれば、スムーズに渋滞回避ができるという情報は、やはり、見やすい渋滞情報サイトを見ないと、わからないんですよね。 私がいつも使っているサイトは、道に詳しくなくても、今自分がいる場所と、道路名、交通規制や渋滞情報をすぐに出してくれて、とても見やすいのでおすすめです。 なお、このサイトは2~3か月先の渋滞予測も見れるので、事前の計画を立てるときにもおすすめです。 まとめ 東北道の渋滞を回避するなら、情報はとても大事です。 お盆で帰省を考えているなら、少し前の日程にずらすのが一番安心です。 日程がずらせない場合は、東北道が渋滞しているようであれば、常磐道を使って帰省をすることも考えてください。 常磐道は、東北道と違って車線が1本(上り1本、下り1本)です。 渋滞情報を見ながら、しっかり計画を立ててくださいね。

次の