東京ブレインクリニック 怪しい。 医師紹介

【受診前に確認】ブレインクリニック東京について

東京ブレインクリニック 怪しい

院長 石川 慧璃 みがき 赤羽南口メンタルクリニックが皆様にとって信頼のできる医療機関にしたい この度、赤羽という地にメンタルクリニックを開業させて頂くことになりました。 私は今まで精神科医療に携わる中で通常の薬物療法の他、アルコール依存症の専門治療病棟での精神療法プログラム、当院でも行っている脳に直接アプローチして治療するrTMS(経頭蓋磁気刺激療法)など、様々な臨床経験を積んでまいりました。 これらの臨床経験をもとに少しでもこころの問題で困っておられる方々の役に立ちたいと思い、当院の開業を決意致しました。 当院では通常の問診による診断のみでなく、客観的に脳の血流量の変化から機能の状態を見る「光トポグラフィー」という検査による補助診断を加えることでより正確で、みなさまにとっても理解のしやすい病態把握を行うことも可能です。 そして、その診断やそれぞれの患者様の環境、状態を総合的に判断して薬物療法、カウンセリング、TMS治療など適切な治療法を提案させて頂きます。 このクリニックが少しでも多くの方々の助けとなるよう、精一杯尽力したいと思っております。 なお、精神科の薬に関することをはじめ精神科・心療内科の情報をブログで公開しておりますので是非ご覧ください。 経歴 2006年3月 筑波大学医学専門学群卒業 2006年4月 筑波大学附属病院にて初期研修 2008年4月 医療法人新生会 豊後荘病院精神科勤務 2018年2月 赤羽南口メンタルクリニック開業 資格・所属学会• 精神保健指定医• 米国臨床TMS学会.

次の

ブレインクリニック東京、ブレインクリニック大阪の評判、口コミはいかに

東京ブレインクリニック 怪しい

私は精神科医として26年間、統合失調症や躁うつ病、認知症をはじめ、うつ病やパニック障害・社会不安障害などの数多くの症例を診てきました。 薬物療法を専門におこなう病院に勤めていた経験もあり、薬物療法の長所も短所もよく知っています。 そして、薬物療法だけでは治せない患者さんもたくさん診てきました。 特にうつ病・パニック障害・社会不安障害・適応障害の症例では、薬物にたよらない方法が薬物療法以上の効果をあげることが多いことも経験的にわかってきました。 ここ16年はおもに心理カウンセリングを精力的に学び、認知療法や森田療法、「今、ここ」に意識をおくことで、気持ちの安定をはかる心理療法などに取り組んできました。 わたしがこれまで学んできたメソッドはどれもすばらしいものです。 それらすべてを組み合わせて生み出されたのが「あるがままメソッド」です。 この「あるがままメソッド」は、心の調整力にはたらきかけ、信頼し、ゆだねるカウンセリング技法です。 カウンセリングだけで、かなりの方が楽になっています。 保険診療内で行う簡単なものであっても、私の診察を1,2回受けたら、 目に見えて改善されます。 自分の「思考」や「感情」を扱う方法がわかれば、癒されるのです。 また、様々なストレスを抱えながら精いっぱい生きている私たちですが、 愛しあいながらもお互いに傷つけあうことがあります。 家族や友人、夫や妻にも言えない悩みを抱えながら生きている方もいます。 私たちは「たったひとりの理解者」がいるだけで救われるのです。 欧米では最強の弁護士、最善の精神科医を抱えないと成功できないと言われており、 精神科医のカウンセリングはジムやエステ、習い事などの感覚で受けられています。 身体のケアには気を配っていても、心のケアが不十分な方が多く見受けられます。 私は大企業の管理職や著名人などのカウンセリングも行っており、 気分がすっきりされると同時に、仕事のパフォーマンスが上がるのを数多くみてきました。 彼らにとってはカウンセリングは費用対効果が高い投資なのです。 対人関係・仕事・家族・恋愛・性愛、すべての悩みから抜け出して、悩みが扱えるようになれば、 現状からの突破・ブレイクスルーが起こります。 すべてがうまく回り始めます。 院長のカウンセリングは保険診療で行います。 1986年からゲシュタルトセラピーの3年間トレーニングを リッキー・リビングストン(ローズ・ナディア)先生から受けた。 1991年 アメリカ、カリフォルニア州のInstitute of Transpersonal Psychologyの 修士課程に入学、1993年卒業し修士号を取得 1994年帰国後 東京で心理相談室を開業し個人治療を行った。 1995年から斎藤クリニックでデイケアーのグループ治療も行う。 1999年に「ハコミセラピー」星和書店刊を共同で翻訳しハコミセラピーの紹介 ワークショップやトレーニングコースをアメリカの講師を招いて行った。 (ハコミセラピーは1980年頃アメリカで始まったマインドフルネスを使う心理療法。 マインドフルネスの状態でクライアントが自分の活動を制限している人生脚本を見つけるのを援助し、それを変えることを援助する。 そのためにマインドフルネス状態で様々な実験的なかかわりをセラピストがクライアントの同意を得ながら行う。 その人生脚本を 作ったインナーチャイルドとのワークを行うことも多いセラピーです。 ) 2003年頃からハコミセラピー認定セラピスト、その後ティーチャー、トレーナーとしてトレーニングコースでハコミセラピスト養成を行った。 後に日本ハコミ研究所(HIJ)を仲間と共に設立し代表となる。 2019年 Brain Spotting、 ハコミセラピーを主な技法として個人セラピーをインターネットで行っている。 不安障害、うつ病、トラウマ治療の経験が多い。 韓国ハミャン市山中の龍陀師の所で瞑想指導を受けている。 まもなく帰国予定。 所属:日本ハコミ研究所 広島大学卒業後、大手企業のSEを経て、専門学校・短大の講師を務めていた1990年にマインドフルネスに出会う。 その後、パーソンセンタードカウンセリング、マイクロカウンセリング、フォーカシング、認知行動療法、ハコミセラピー(故・ロンクルツ博士の基礎コースを受講)、フラワーエッセンスなどを体験的に学ぶ。 NPO法人にてカウンセラーとして従事しながら、社会人入学で聖徳大学大学院臨床心理学コースを修了後、東京大学医学部健康科学・看護学科(現健康総合科学科)にて故・森俊夫先生より解決志向アプローチの実践を学ぶ。 心療内科・精神科クリニック、学生相談室、保健センター、小学校スクールカウンセラーなどで幅広い層の方々の様々な悩みに取り組むかたわら、慶應大学・信州大学にてコミュニケーション実践科目の非常勤講師を務める。 現在は、マインドフルネスと身体感覚を用いた「心と脳と身体をつなぐサイコセラピー」を実践している。 所属:心理コミュニケーション発達研究所.

次の

アクセス/診察時間

東京ブレインクリニック 怪しい

〒101-0025 千代田区神田佐久間町2-1 大原ビル 2F (秋葉原駅 徒歩 0分)• 〒171-0021 豊島区西池袋1-15-9 第一西池ビル 7F (池袋駅 徒歩 0分)• 〒110-0005 台東区上野6-16-16 上野 ORAGAビル 8F (上野駅 徒歩 0分)• 〒104-0061 中央区銀座7丁目3-13 ニューギンザビル 1号館 7F• 〒151-0053 渋谷区代々木2丁目11-17 ラウンドクロス新宿 B1F (新宿駅 徒歩 0分)• 〒150-0043 渋谷区道玄坂1-3-1 飯島ビル 6F (渋谷駅 徒歩 0分)• 〒108-0075 港区港南2-3-1 大信秋山ビル 5F• 〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸1-11-20 相鉄KSビル 8階 802A号室• 〒101-0025 千代田区神田佐久間町2-1 大原ビル 2F (秋葉原駅 徒歩 0分)• 〒171-0021 豊島区西池袋1-15-9 第一西池ビル 7F (池袋駅 徒歩 0分)• 〒110-0005 台東区上野6-16-16 上野 ORAGAビル 8F (上野駅 徒歩 0分)• 〒104-0061 中央区銀座7丁目3-13 ニューギンザビル 1号館 7F• 〒151-0053 渋谷区代々木2丁目11-17 ラウンドクロス新宿 B1F (新宿駅 徒歩 0分)• 〒150-0043 渋谷区道玄坂1-3-1 飯島ビル 6F (渋谷駅 徒歩 0分)• 〒108-0075 港区港南2-3-1 大信秋山ビル 5F• 〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸1-11-20 相鉄KSビル 8階 802A号室 ゆうきゆうが手がける『』 総計 300 万部突破!単行本も出ています! マンガの更新情報を Twitter でお届けします。

次の